妊婦の花粉症対策!何が良くて何がダメなの?

妊娠中は、薬に制限があったり
何をするにしても胎児に影響があるのか?
気になりますよね?
当然花粉症対策も非妊娠時と異なるのではないか?
と私も疑問に感じたため様々な花粉症対策を
調べてみました。

また、どの花粉症対策がおすすめなのかについても
紹介いたします。

スポンサーリンク

一般的な花粉症対策は?

非妊娠時の花粉症対策で一般的なものでいうと、

  • マスクの装着
  • 目薬を使用する
  • 点鼻薬を使用する
  • 花粉症対策用の内服薬を使用する
  • 花粉症用メガネ(ゴーグル)を使用する
  • ヨーグルトなどを食べて免疫力をつける
  • 空気清浄機を使用する
  • 病院で鼻粘膜をレーザーで焼くなどの医療的治療を行う

このあたりがあげられるかと思います。
特に効果があるのは、目薬や点鼻薬、
アレグラなどの内服薬の使用ではないでしょうか?

ですが、この中で妊婦が注意しなければいけないことは、
薬の使用になります。
目薬のような外用薬より内服薬には
特に注意する必要があります。

その他のマスクの装着や空気清浄機
ヨーグルトなどの通常の食品を食べて免疫力をつける
花粉用メガネの装着などは
妊婦だからといって、対策が変わるというものではありません。

では、どのような花粉症対策に注意が必要なのか?
薬関係についてみていきましょう。

妊婦の花粉症

花粉症用の内服薬の使用は?

たとえば、アレロックやアレグラなどの
アレルギーを抑える内服薬の使用は、
基本的に自己判断では
使用してはいけません。

花粉症で内服薬を使用する場合は、
必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。
花粉症状の状態によって
小星竜湯(しょうせいりゅうとう)や
葛根湯加辛夷川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
などの漢方薬が処方される場合があります。

なお、医師によっては妊娠中期や後期などに
アレグラ錠を処方される場合がありますが、
これはあくまでも医師の判断で処方されるものなので、
市販でアレグラが販売されているからといって、
絶対に自己判断では使用しないようにしましょう。

目薬はどうなの?

目薬については、市販のものは妊婦が使用してはいけないものや
使用する際に医師への相談が必要なものがあります。
これは、目薬に含まれるトラニラストやプラノプロフェンと
呼ばれる成分が胎児に安全であるという確認がとれていないため、
控えるようにという理由から使用上注意が必要な目薬があります。

ですが、目薬は外用薬なので知らずにさしていたからと言って
特に問題はないかとは思いますが、
これもまた自己判断で使用しないようにしましょう。

なお、妊娠中に使用してはいけない、医師に要相談などと
書かれていない抗アレルギー目薬も販売されていますので、
そういったものを使用する分には全く問題ありません。

点鼻薬はどうなの?

妊娠中の点鼻薬の使用は胎児などに影響が
でにくいといわれていますが、
市販の点鼻薬の注意事項を見てみると
妊娠中は医師に相談するように書かれていたり、
使用は控えるように書かれているかと思います。

ですので、こちらも自己判断で使用することができませんので、
使用を希望される場合は、かかりつけの医師に相談するように
してください。

病院でのレーザー治療は?

花粉症対策の一つにレーザー治療があります。
これは、鼻粘膜にレーザーを照射し組織を変質させて
アレルギーが起こりにくくするという治療法で、
麻酔はガーゼに麻酔薬をしみこませて、
それを鼻の中に入れるという方法をとるため、
レーザーはもちろん、麻酔についても
問題はないようで、薬に制限がある妊娠時や
授乳中の方におすすめの
方法と言われています。

保険が適用されるので、1回1万円程度でできます。
しかし、直接このような病院に行くのではなく、
念のためかかりつけの婦人科の医師に相談してからの方が
安心かと思います。

スポンサーリンク

 

妊娠中に自己判断でもできる花粉症対策は?

薬関係および、健康補助食品(サプリメント)でなければ、
特にどのような対策をとられても問題はありません。

一応、対策例を並べるとこのようになります。

  • マスクをする
  • 花粉対策めがね(ゴーグル)をする
  • 鼻うがいをする(ハナノアなど市販の物も含む)
  • 妊婦でも使用できる目薬を使用する
  • 空気清浄機や加湿器を使用する
  • ヨーグルトなどを食べて免疫力を高める
  • こまめに掃除を行う
  • 洗濯物は家干しにする

目薬に関しては妊娠時にも使用できる
市販の目薬はあるので、こちらも自己判断で
使用しても問題ありません。

ただし、
免疫力を高めるためにヨーグルトをあげましたが、
必ずしも免疫力が上がるというわけではありませんし、
何より即効性がありません。
また、意識しすぎることによる
食べ過ぎによって偏食になる可能性があるため
注意が必要です。

それよりもしっかりと栄養をバランスよく摂取し、
睡眠をしっかりと取り、できるだけストレスをためないように
また発散させていく方が大切かと思います。

結論

妊娠中は、花粉症対策として自己判断で
行わない方が良いのは、
内服薬と一部目薬や点鼻薬などの外用薬となります。

非妊娠時にアレグラなどの内用薬を
使用していたのであれば、マスクなどの対策では
かなりつらいと感じるかと思います。
そういった場合は、かかりつけの医師にまずは
相談するのがスムーズであるかと思います。

そうでない場合は、かかりつけの医師に相談するのが
花粉症対策の近道になるのですが、
マスクや空気清浄機を使用、
妊婦でも使用できる抗アレルギーの目薬を使用、
外から帰ってきたら、玄関に入る前に
服についた花粉を払ったり、というような
一般的な花粉症対策を行うということから始められても
良いかと思います。

ですが、どうしてもつらい場合、我慢していると
それがストレスになり胎児にもストレスが伝わるかも
しれませんので、あまり我慢せずに
つらい場合は、かかりつけの医師に相談してみてください。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA