妊婦は鼻血が出やすいのはなぜ?原因や止め方今後の対策は?

妊娠してから鼻血が出やすくなったという悩みをよく耳にします。
鼻をかむと出てきたり、特にいじったりぶつけたりしたわけでもないのに
急に出てくることもありますよね?

なぜ妊娠すると鼻血が出やすくなるのか?
また止め方や今後の対策はあるのか?
徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

まずは鼻血の種類を知ろう

まず、妊娠中に鼻血が出やすくなる原因を知る前に
鼻血の種類について知る必要がありますので、紹介いたします。

大きく分けると、

  • 単純性鼻出血
  • 動脈性鼻出血
  • 症候性鼻出血

この3つに分けられます。

単純性鼻出血

鼻血の8割がこのタイプと言われています。
単純性鼻出血というのは、鼻の入り口1~2cm付近のキーゼルバッハ部位
と呼ばれる部分からの出血で、この部位には毛細血管が集中しており
粘膜も薄いため出血しやすい場所となります。

鼻の片側からの出血という場合、キーゼルバッハ部位からの
出血であることが多いです。

動脈性鼻出血

鼻腔の後ろの方にある動脈(蝶口蓋動脈など)が切れて起こる
鼻出血のことを言います。
高血圧症や動脈硬化、白血病、特発性血小板減少性紫斑病などの、
何らかの病気によって起こる可能性が高いとされており、
この出血は、鼻からだけでなく歯茎などからも出血したり、
脳出血に至ることもあり、鼻血の量が多く長時間止まらない、
場合によっては口からもあふれるほど大量に出血するということも
特徴の一つとなります。

症候性鼻出血

鼻に異常があったり、出血を起こしやすい全身性の病気(高血圧など)が
原因で起こる鼻血のことを言います。
鼻の異常としては、副鼻腔炎(蓄膿)や鼻腔がん、急性鼻炎などを指し、
全身性の病気というのは、高血圧をはじめ、腎臓病や肝臓病、白血病などのことを
言います。

妊娠中であるなし関係なしに鼻血の原因の多くは、単純性鼻出血であると
思ってよいかと思います。

なぜ妊婦は鼻血がでやすいの?原因は?

鼻血

ほとんどの場合はホルモンバランスの変化が原因?

妊娠中の鼻血の一般的な原因は、
妊娠するとエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の
分泌量が増加、つまりはホルモン分泌が変化し、
そのことが原因で鼻粘膜への血流量が増加し毛細血管が充血します。

充血して張れている粘膜は少しの刺激でも出血しやすくなっているため、
鼻血が出やすくなると言われています。
この鼻血のほとんどは上記にあげた単純性鼻出血にあたります。

また、妊娠中は鼻血だけでなく出血しやすくなっているので、注意が必要でしょう。

血流量の増加が原因

妊娠すると胎児の分まで血液が必要になるため、
体内の血液量が増加します。そのことによって血管の負担も
非妊娠時と比べて多くなりますので、鼻出血が出やすくなるともいわれています。

高血圧が原因?

妊娠中は、妊娠高血圧症候群と呼ばれる高血圧を伴う病的状態になることがあります。
妊娠高血圧症候群になる原因は今のところはっきりと分かっていないようですが、
高血圧になると、血管がもろくなり出血しやすい状態になり、
鼻血や歯茎から出血、場合によっては脳出血を起こすこともあります。

妊娠高血圧症候群が発症する時期については、
妊娠20週(妊娠6ヶ月)から分娩後12週と言われています。

高血圧による鼻血の特徴としては、通常の鼻血と区別がつきにくいところもありますが、
出血量が多かったり、出血が長く止まらないなどの症状が出ると言われています。

出血量が多い、出血が長時間止まらないなどの症状がある場合は、
高血圧症などの動脈性出血の可能性が出てきますので、
かかりつけの医師に相談した方が良いでしょう。
参照:日本妊娠高血圧学会
参照:ヘルスケア大学

自律神経の乱れが原因?

妊娠によるホルモンの変化や妊娠という環境の変化などにより、
ストレスをかかえることがあり、自律神経が乱れることがあります。

特に自律神経失調症の場合に多いようですが、
血圧が高くなったり、ビタミンCの減少により毛細血管が
弱くなっている場合、鼻血が出やすくなることがあります。

併せて起こりやすい症状としては、めまいや頭痛、気分が落ち込みがち、
頭がぼーっとする(のぼせているような状態)、などの症状が出ている場合は、注意が必要かもしれません。

妊娠中の鼻血は貧血につながる?

貧血

妊娠中における一般的な鼻血では貧血になったり、
もともと貧血の場合で貧血が進むということはないようです。

ですが、一度に多量に出血した場合や頻度が多く出血量が多い場合は貧血になるということはあるようですので注意は必要でしょう。
そもそも多量に出血という状態は、何か病気が隠れている可能性がありますので、
かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

鼻血の出血で胎児に影響はあるの?

一般的な鼻血では胎児に影響することはありませんが、
くらくらするほど、貧血になるほどの多量の鼻血があった場合は、
血液中の酸素や栄養が胎児にうまくいきわたらずに、何かしらの影響はあるかもしれませんし、
それほどの出血がある場合は、何か病気が隠れていることがあり
そのことが原因で胎児に影響が出るということは考えられます。

ですので、多量に鼻血が出るような場合は、
かかりつけの医師に相談しましょう。

妊娠初期・中期・後期、鼻血が出やすい時期ってあるの?

妊娠初期中期後期に関わらず鼻血が出やすい時期というものはありませんが、
妊婦さん一人ひとりによって鼻血の原因が異なるため、
妊婦さん一人を見れば、妊娠初期に出やすかったり、後期に出やすかったり
ということはあるかもしれません。

また、花粉症などアレルギー性鼻炎や風邪などで
鼻をよく噛んだりするような季節に鼻血が出やすいということは
あるかもしれませんし、夏場などは体温が上昇するため
鼻血の原因の一つである「のぼせ」やすい状況にある夏に
鼻血が出やすいということも考えられます。

妊婦さん一人ひとりによって原因も違えば、体の状況なども
異なるため、どの時期に出やすいか?というのは一概に言うことはできないでしょう。

鼻血が出た時の対処法は?

単純性鼻出血の場合

一般的な鼻血(単純性鼻出血)の場合は、「圧迫止血」をすることが適切な対処となっております。
圧迫止血の方法としては、前かがみになり小鼻をつまんで圧迫するのですが、この際骨のある硬い部分を
抑えても出血は止まりませんので、鼻の柔らかい部分である小鼻をつまんで出血が止まるまで圧迫するようにしてください。

また、氷などで鼻を冷やすと血管が収縮して出血が止まりやすくなります。

首をたたく、鼻にティッシュを詰める、上を向くという対処は
間違いですので注意してください。

動脈性鼻出血・症候性鼻出血の場合

上記の一般的な鼻血と違って、これらが原因の鼻血は
圧迫止血をしても止まりません。
20分以上など長時間正しい圧迫止血をしても止まらない場合は、
動脈性鼻出血や症候性鼻出血の可能性がありますので、
この場合は、速やかに病院で診てもらった方が無難です。

スポンサーリンク

鼻血がひどい場合は病院に行った方が良い!?その目安は?

疑問点

様子を見て治まるようなら特に速やかに病院へ行った方が良いということはありませんが、
鼻血が頻繁に出るような場合は、一度かかりつけの医師に相談された方が良いでしょう。

また、鼻血に頭痛が伴う場合やくらくらするほど出血量が多い場合、長時間鼻血が止まらないような場合は、高血圧症など何か病気が隠れていることもあるため、できるだけ早く病院で診てもらった方が無難です。

こんな時は病院へ
  • 止血しても長時間(20分以上)鼻血が止まらない
  • くらくらするほど多量に鼻出血がある(滝のように勢いのある鼻血)
  • 頭痛を伴う鼻血である
  • 数時間おきに多量に出血する

こんな時はできるだけ早めに受診するようにしましょう。
参照:ナースが教える仕事術
参照:小児科医ユンタ先生のすこやかカルテ

 鼻血が出やすいのはいつまで続くの?

鼻血の原因によっていつまでという部分は変わってくるので一概にいうことはできません。

妊娠したことによるキーゼルバッハ部位の充血「単純性鼻出血」が原因(鼻血の8割がこれにあたる)であれば、
例えば、ホルモンが増加することから鼻血が出ているのでしたら、
安定期に入ると鼻血が治まる人もいるでしょうし、
血液量が増えて鼻血が出やすい状態であれば、出産まで鼻血は続くかもしれません。

妊娠高血圧症などが原因の場合は、産後12週あたりまで続くかもしれませんし、
花粉症や風邪などで鼻を触りやすい時期と重なれば、鼻血のリスクは高くなりますし、
一人ひとりによっていつまで続くのかはわかりません。

頻繁に鼻血が出るようなら、あるいは鼻血が続くようなら
一度かかりつけの医師に相談されると良いでしょう。

今後の対策は?

今後の対策としては、基本的には

  • 鼻を強くかまない
  • 鼻をいじらない

ということになると思いますが、
原因が、例えばアレルギー性鼻炎だったり蓄膿症だったり
というような場合は、病院で治療を行うことが大切になってきます。

また、血圧が高いことが原因で鼻血が出ているのであれば、
食事に気を付けたり、ストレスを溜めないようにするなどの
工夫が必要になってくるでしょう。

頻繁に鼻血が出るという場合は、
耳鼻科などで鼻の毛細血管を焼いて鼻血を出にくくするという治療もあるようですので、
病院で相談されると良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
鼻血の多くは単純性鼻出血に該当し、
妊娠中に鼻血が出やすくなる原因は様々な原因がありましたが、
その多くはホルモンバランスの変化や血流量が多くなることが
原因ということがわかりました。

しかし、原因はいくつもの原因があり、中には高血圧などが
原因で鼻血が出るということもあり、たかが鼻血と済まされない場合もあります。

いずれにしても、鼻血が出やすくなって気になるという場合は、
かかりつけの医師に相談されることをお勧めします。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA