妊婦は目薬を使用してもいいの?胎児への影響は?

妊娠中は何かと気になるもの。
目薬も薬ですので使用していいのかどうか
迷いますよね?そこで市販の目薬を中心に
使用しても良いのかどうか?また、胎児に何か
影響があるのか?についていろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

妊婦は目薬を使用してもいいの?

基本的には問題ありません。
目薬は一般的に点眼薬をさすのが微量なため
血液中に入り、胎児に影響があるということはないため
大丈夫なものが多いのですが、
市販の目薬の中には妊娠中の方は使用を禁止されているもの
医師に要相談と書かれているものがありますので、
注意が必要です。

また、眼科医によっては、
今までに目薬を差して何か影響があったというような
報告が上がってないが絶対に安心できる
という報告もないという理由から市販の目薬であっても
使わないようにと言われる医師もおられます。

目薬

どんな目薬は使用してはだめなのか?

市販のもので妊娠中は使用してはいけない、
医師に要相談といったようなことが書かれているものは
自己判断で使用しないようにするということなのですが、
それらの目薬の成分中に、
プラノプロフェン」や「クロモグリク酸ナトリウム」「トラニラスト
などの成分が含まれているものは
上記のように書かれているかと思います。

妊娠中にこれらの成分が含まれた目薬を
知らずにさしてしまったからといって、
外用薬なので特に問題はないようですが、
これらの成分の内服薬については動物実験において
分娩遅延が認められたため、外用薬であっても
市販のものは念のため相談するようにや
使用の禁止などが書かれているようです。
※問題はあがってないだけで
使用を勧めているわけではありません。
使用上の注意を無視して自己判断で使用するのはやめましょう。

病院で処方されたものでこれらの成分が含まれていたとしても、
医師が大丈夫と判断されたものなので、
問題はないでしょう。

これらの成分が含まれている市販の目薬を一部挙げてみると、

  • ロート アルガード プレテクト
  • ロート アルガード クリアブロックEX
  • ロート アルガード クリアマイルドEX
  • ロートクリア
  • サンテアルフリー新目薬
  • マイティアアルピタットN EXα
  • マイティアアルピタットEXα
  • マイティアアルピタットN
  • マイティアアイテクトアルピタット
  • マイティアアイテクト
  • マリンアイALG
  • アイリスガードP

などがあげられます。
これらの成分が含まれているものは
全てが全てではないですが
主に花粉症などアレルギー性の目のかゆみなどを抑える
目薬に含まれています。

目の疲れやかすみ目、ドライアイ、ものもらい、
コンタクトレンズなどに使用する目薬には
基本含まれていませんので、心配はないでしょう。

もし心配であれば、かかりつけの医師に相談されたり
眼科に行き診てもらうことが良いかと思います。

市販のものを購入する際は、念のため薬局の
薬剤師さんに聞いてら購入された方が良いでしょう。

スポンサーリンク

妊娠前に処方された目薬は使用してもいいの?

妊娠前に処方された目薬が余っている場合、
使用しても良いかというと、
たとえ上記の成分が入ってなかったとしても、
何か月も前に開けたものであれば
どんなものでも使用しない方が良いでしょう。

衛生的な面で心配になってきますし、
使用期限もありますので、
残っているからといって
使用されるのではなく、再度眼科や
かかりつけの医師に相談された方が無難です。
もしくは、薬局の薬剤師さんに相談し
市販の目薬を購入されると良いかと思います。

まとめ

基本的には妊婦であっても
目薬は使用しても特に胎児には影響が出る
といったことは考えにくいのですが、
市販薬の場合、妊娠中に念のため控えた方が良い成分
というものがありますので、
そういったものは使用せずに
特に妊娠中または妊娠の可能性のある方と
書かれていないものを使用するようにしましょう。

あまりにも、症状がひどい場合や
妊娠中に目薬を使用するのが心配な場合は
医師に診てもらった方が無難かと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA