妊婦はなぜ痔になりやすい?その原因と症状は?

妊婦は痔になりやすいといわれていますが、
なぜ妊婦は痔になりやすいのでしょうか?
こちらではその原因と症状について紹介いたします。

スポンサーリンク

なぜ痔になりやすいの?

妊娠すると、便秘になりやすいです。
黄体ホルモンの分泌により子宮の収縮を抑えるのですが、
黄体ホルモンの影響で腸の収縮も抑えられるため蠕動運動が
減ってしまい便秘になりやすいこと。
また、このホルモンには体内の水分を蓄える働きがありますので、
便の水分量が減ってしまうこと。

子宮が大きくなるにつれ、腸が圧迫されて腸の動きが抑制されるとともに、
肛門も圧迫されるため、便秘になりやすいこと。

ストレスやホルモンの影響で精神的なバランスが崩れやすく
腸の働きが抑えられて便秘になりやすいことがあります。

この便秘ですが、便が硬くなりますので、便を出すときにどうしても
力んでしまいます。この状態が続くと痔になる可能性が高まります。
また、痔になってしまったら便を出すときに痛みが生じやすくなるため
便を極力我慢してしまい、我慢することで腸内でさらに便が硬くなり
出にくくなり、出すときに以前よりも力んで出さないといけないため、
痔が悪化していく傾向にあります。

もう一つの原因としては、妊娠中は特に初期のころなどは
安静にしているように言われたりしますが、
妊娠中通して運動量は減る傾向にあります。
このことも便秘になりやすいといわれています。

これが妊婦が痔になりやすいと言われる原因です。

痔

どんな症状が出るの?

痔にはいくつか種類がありますが、
一般的に妊婦に出来やすい痔というのは、
「いぼ痔」と言われています。

これは、肛門付近(特に中側)の血行が悪くなることによって
血管の一部がしこりとなって、それが破れて出血(鮮血)が
出てくるといった症状が出ることがあります。
このしこりは痔核と呼ばれるのですが、痛みなど自覚症状がないため、
出血して初めて痔だと気づくことが多いです。

逆に外側に出来るいぼ(しこり)を外痔核といい
見た目にもいぼ痔であることがわかるかと思いますし、
場合によっては痛みを伴います。

次に、便が硬い場合におこりやすい痔が
切れ痔となります。
これは肛門周辺の粘膜が傷ついたり切れてしまったりすることで
トイレットペーパーに血がつくなど微量の出血を伴います。
痔核と違って痛みがあるのが特徴です。

また、痔核などからの血液や粘液によって
肛門周辺がかゆくなるとう症状も出ることがあります。

痔になったらどうしたらいいの?

痔の度合いにもよりますが、放っておいてもたいてい良くなったりしませんし、
悪化する可能性が高いため、
基本的には産婦人科か肛門科で相談することをお勧めします。

痔が軽いような場合で、病院に行く時間がないという場合は、
市販の薬で様子を見るのも手ではあるかと思います。
ただし、購入の際は薬剤師さんに相談してくださいね。

ただし、なるべくなら病院で診てもらうことをお勧めします。

■あわせて読みたい記事
妊婦の痔!市販薬は使ってもいいの?

スポンサーリンク

予防策はあるの?

便秘から痔になることが多いため、
まず便秘を起こす原因である
「食物繊維不足」「水分不足」「運動不足」「ストレス」「腸内環境の悪化」
を改善していく必要があります。

その中ですぐにでも始めれるのが、食物繊維の摂取、水分の補給、
そして、医師に安静にと言われていないのであれば、適度な運動を行うことでしょう。

食物繊維は便のかさを増して、腸内の通りをよくしてくれますし、
水分補給することで便が硬くなりにくくなります。
また、運動をすることで腸を刺激して、腸の蠕動運動促すほかに、
自律神経を整える作用があります。

食物繊維については、野菜を多めに摂取するように心がけることで、
妊娠中に大切な葉酸の摂取にもつながりますので、
食事のバランスを考えて献立を考えてみましょう。

どうしても難しいという場合は、
粉末タイプのスムージーや青汁などで摂取してもよいかと思います。

サンスターのおいしい青汁を見てみる

サンスター粉末青汁を見てみる

まとめ

妊娠中は初期から後期まで便秘になりやすく
痔にもなりやすいといわれています。
特に、妊娠後期になると子宮で腸内が圧迫されて
便秘になりやすいため、痔にならないように食生活に注意していく
必要があるほか極力運動も行なっていく必要があるかと思います。

もし、「痔かもしれない・・・」と
心当たりがあるのでしたら、早めに病院で診てもらうようにしてください。
放置していても、悪化していく可能性が高くなるだけなので。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA