妊婦でも安心して飲めるお茶とは?飲めないお茶はあるの?

妊娠すると、気になるのがカフェインです。
お茶の種類によってはカフェインが入っているため、
飲めないのでは?と思う方もおられると
思いますが、基本的には多量に摂取しなければ
カフェインが入っているお茶も飲んでも構いませんし、
コーヒーも1日1~2杯程度なら良いとされています。

とはいえ、カフェインは気になるもの。
そこでカフェインの入っていないお茶をご紹介いたします。

カフェインレスのお茶の種類

カフェインの入っていないお茶は、代表的なものは
「麦茶」です。
基本的にカフェインが含まれるお茶は、茶葉を使用しているもの
と思っていただいたらわかりやすいかと思います。
ですので、緑茶や紅茶などにはカフェインが含まれます。

お茶

麦茶の他にもカフェインの入っていないお茶はたくさんありますので、
一覧で紹介いたします。

  • 麦茶
  • ゴマ麦茶
  • ルイボスティー
  • コーン茶
  • 黒豆茶
  • 杜仲茶
  • 優しい生茶(ノンカフェイン緑茶)
  • 爽健美茶
  • 十六茶
  • ドクダミ茶(ブレンドされていないもの)
  • ハーブティー(※妊娠中に飲まない方が良いものもある)
  • ノンカフェイン紅茶
  • ゴーヤ茶
  • そば茶
  • 甜茶
  • タンポポ茶
  • グァバ茶
  • 桑の葉茶 など

これらのお茶にはカフェインが含まれていません。
ただしハーブティーはカフェインとは関係なく
妊娠中に飲まない方が良い種類もありますので、
注意が必要です。

ちなみにやさしい生茶とはこういったものです。
楽天でやさしい生茶一覧を見てみる
また、妊娠中によく飲まれているのは、
ルイボスティーが良く飲まれていますね。
有機栽培で高品質の茶葉を使用したルイボスティーを
見つけましたので、紹介しておきます。

オーガニックルイボスティーを見てみる

カフェインの含まれたお茶のカフェイン量

カフェインは摂らないに越したことは
ないのですが、摂らないがゆえに
ストレスになるようでしたら、
カフェインを摂取するよりも問題となります。

カフェインは適量なら摂取しても問題ありませんが、
どのお茶にどの程度カフェインが含まれているのか
気になりますよね?そこで各お茶に含まれている
カフェイン量を調べてみました。

  • 玉露(150ml) ⇒ 180mg(カフェイン量)
  • 抹茶(150ml) ⇒ 48mg
  • 緑茶(150ml) ⇒ 30mg
  • 紅茶(150ml) ⇒ 30~45mg
  • ほうじ茶(150ml) ⇒ 30mg
  • ウーロン茶(150ml) ⇒ 30mg
    (黒烏龍茶はメーカーによりカフェイン量が若干多くなる場合もある)
  • 番茶(150ml) ⇒ 15mg
  • 玄米茶(150ml) ⇒ 15mg
  • マテ茶(150ml) ⇒ 15mg
  • プーアル茶(150ml) ⇒ ~30mg

※カフェイン量は目安となります。

コーヒーは1日に2杯程度は飲んでも良い
という意見が多いので、それに照らし合わせると、
緑茶は、1日に4杯程度飲んでよいということになります。

ただし、カフェインは鉄分の吸収を阻害する働きがあるといわれているので、
食前後30分以内のカフェイン摂取は避けた方が良いかと思います。

妊娠初期~後期に飲むと良いハーブティーがある

妊娠初期から出産までに飲むと良いハーブティーがあります。
助産師さんが妊婦さんの健康や水分補給を考えて
ブレンドしたハーブティーや
妊娠8か月から出産準備のためのハーブティーなどです。

妊婦さん専用ハーブティーを見てみる

カフェインが入っていなくなおかつ、
妊娠中の体に良い飲み物は
うれしいですよね。

また、たんぽぽ茶ですとカルシウムや鉄分といった
栄養も補えるので、良いかと思います。
たまひよで紹介されたたんぽぽ茶がありますので、紹介しておきます。

ティーライフのたんぽぽ茶を見てみる

まとめ

妊娠中は、カフェインを全く摂取してはいけない
ということではなく、多少ならよいのですが、
やはりどうしても気になるという場合は、気にしながら
飲み物を飲むとよくありませんので、
そういった場合は、ノンカフェインの飲み物を飲まれたほうが良いでしょう。

最近では様々なノンカフェイン飲料が出ていますので、
いろいろと試されるのも今だけの楽しみかもしれません。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す




CAPTCHA