妊婦はドライフルーツを食べてもいいの?注意する点は?

妊娠中にドライフルーツは過度に食べなければ
便秘に良く、ビタミンなどの栄養も摂れますし
つわりの時期などにも重宝される食材ですが、
ふと原材料を見ると、その中に漂白剤(亜硫酸Na)
書かれていて???となりましたので、
これ体に大丈夫なの?と気になったので
漂白剤、食べ過ぎるとどうなるのか?
栄養は?という部分について徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

漂白剤って何?

漂白剤は添加物の一つなのですが、
これは食材の色を良くしたり殺菌効果があり
酸化防止剤として使われているものです。

ドライフルーツの他にワインやかんぴょうなど
さまざまな食品に使用されており、
食品衛生法の定める基準を満たして出荷されていますので、
基本的には問題ないものです。
※個人輸入やお土産などのドライフルーツは
法の網を抜けてしまいますので、
基準値に関してはわかりません。

ただし、添加物アレルギーなど
極めて稀なケースとして変異原性、アレルギー性が
見られたという報告があったそうです。
参照元:食品添加物一覧表

といっても今まで食べてきたものですから、
妊娠して体質が変わるといっても
妊娠してからしばらく経っているのでしたら
おそらくこの添加物を口にしているでしょうから
何も起こってないなら問題はないでしょう。

また、この成分は水溶性ですので
尿中から排出されるということ。
胎児に影響があったという報告は
今までに1件もないので、
極めて安全な成分であるといえます。
※食品安全委員会に問い合わせて
聞いてみました。

ドライフルーツは食べてもいいの?

ドライフルーツ

漂白剤について理解ができたかと思います。
過度に心配しないようにしましょう。

ということを踏まえて、ドライフルーツを食べても
良いのか?については食べても特に問題ありません。
ドライフルーツはつわり時期に吐きつわりなどで
何も口にできないがドライフルーツは口にすることが
できるという方は意外に多くいらっしゃいますので、
重宝されていますし、
妊娠中にもありがたいカリウム、鉄、マグネシウム、
カルシウム、亜鉛、銅、リンなどといったミネラルや
カロテン、ビタミンCや食物繊維も多く含まれていますので、
おやつとして、朝食として食べるのにも最適です。

スポンサーリンク

ドライフルーツを食べすぎたらどうなるの?

漂白剤については1000年前からワインが飲まれ続けて
特に危険であるといったことがありませんし、
毎日ワインを飲んでも漂白剤については問題ない
とされていますので、
ドライフルーツを毎日食べても問題はありません。
万が一漂白剤の過剰につながる量を摂取しようと思うと
その前に食べ過ぎによって吐いてしまったり、
ワインの場合ですと先に酔ってしまうといった
別の健康被害が先にでるでしょう。

問題となるのはドライフルーツを1日に食べ過ぎた場合に
漂白剤とは別の問題が起こる可能性があります。

ドライフルーツはカロリーが高く
たとえばフルーティヤのいちじくの場合
100gで271kcalあります。
また、マンゴーですと100gあたり368kcalあります。

食べ過ぎてしまうと肥満の原因となりますし、
場合によっては糖尿病になる可能性もありますので、
食べすぎには注意しましょう。

市販のものですとたいてい砂糖がまぶしてあるので、
購入されるなら砂糖のまぶしていないものにすると
カロリーに関しては軽減されるかと思います。

まとめ

ドライフルーツには妊娠中におすすめな
栄養が豊富に含まれていますので、
食べ過ぎるということでなければ
摂取していきたい食品です。

ドライフルーツは無添加でないものについても
あまり心配する必要はありませんが、
漂白剤などの添加物がどうしても
気になるという場合は、無添加ドライフルーツを
購入されるか天日干しあるいは
ドライフルーツメーカーなどで
ドライフルーツをご自身で
作られると良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA