妊娠中レバーは摂りすぎない方が良い?その理由とは?

妊娠中は鉄分が不足しがち。
なので、鉄分が多く含まれているレバーを
摂取すれば?と考えられるかもしれません。
たしかに、レバーには鉄分が

  • 豚肉レバー ⇒ 13.0mg(100gあたりの含有量)
  • 鶏肉レバー ⇒ 9.0mg
  • 牛肉レバー ⇒ 4.0mg

と、多く含まれています。
鉄分の多いと言われている
ほうれん草は、0.9mgなので、
レバーには鉄分が多く含まれていることが
わかります。

ですが、妊娠中の方は、レバーで鉄分を
摂取しない方が良いと言われています。

スポンサーリンク

なぜレバーを食べすぎてはいけないのか?

レバーには、鉄分の他にビタミンAも
豊富に含まれています。
緑黄色野菜にもビタミンAのもととなる
βカロテンは含まれていますが、
こちらは気にする必要はありません。

問題となりうるのは
レバーなどの動物性食品に含まれている
ビタミンAは「レチノール」で、
これは体内に貯蓄されていきます。

ビタミンAを過剰に摂取すると
胎児への先天異常のリスクが
高まるといわれているため、
摂りすぎには注意が必要なのです。

特に妊娠前から妊娠初期(3か月)に
かけては、十分に注意するよう厚生労働省からも
言われていますので、
レバーの摂取は控えた方が良いのです。

レバニラ炒め
Photo by (c)Tomo.Yun:http://www.yunphoto.net

具体的にどれくらいで上限に達してしまうのか?

1日の上限とされているビタミンAの摂取量は、
5000IU(1500μg)です。
数値だけではわかりにくいので、レバーでたとえると、
鶏レバーの場合は、100g中に14000μg含まれていますので、
10μgちょっとということになります。
レバーの串焼きでいうと1本30gだった場合
1/3本ということになります。

豚レバーの場合は、100g中に13000μg含まれていますので、
11.6μg程度ということになります。
1本30gの串焼きの場合、
やはり1/3本程度ということになります。

しかし、レバーの串焼きを1本(ビタミンA・4500μg)、
1日2日続けて食べたり、
1週間に1回程度食べたからと言って
どうにかなるというのは、
絶対とは言えませんが、
少々考えにくいかと思います。

というのも、アメリカの報告では、
ビタミンAを15000IU(4500μg)以上
摂取し続けた際に、リスクが3.5倍高くなる
ということなので、
これはおそらく毎日何週間にもわたって
摂取し続けた際のリスクかと思われますので、
妊娠中に1回や2回レバーを食べたからといって、
気にする方が体の毒です。
だからといって、
ちょくちょく食べてよいというわけではありません。
注意するに越したことはないでしょう。

スポンサーリンク

もう一つの問題点

レバーには鉄分やビタミンAの他に
葉酸(ビタミンBの一種)も豊富に含まれています。
通常妊娠前から妊娠中は摂取した方が
良い栄養なのですが、
摂取しすぎた場合妊婦の発熱や蕁麻疹、
赤ちゃんの小児ぜんそくのリスクが高まると
言われています。

1日の葉酸摂取の上限は、1mg(1000μg)以上
摂取すべきではないとされています。

ちなみに、レバーに含まれている葉酸は
以下のようになります。

  • 鶏レバー ⇒ 1300μg(100g中の含有量)
  • 牛レバー ⇒ 1000μg
  • 豚レバー ⇒ 810μg

鶏レバーの串焼き30gだけで考えると
およそ3本程度となります。

ただし、葉酸の場合は食事中の生体利用率は
50%とされているので、さほど気にする必要は
ありません。

気にしなければならないのは、
葉酸のサプリメントと一緒に
含有量の多い食品を摂取し続けた場合です。

サプリメントの場合は、生体利用率は85%といわれています。
これに加えて、葉酸の多い食事を多くとっていると
過剰摂取となります。

食事は毎日葉酸の多いものを摂取するというのは
さほどないことかと思いますが、
サプリメントの場合は毎日摂取しますので、
気を付ける必要があります。※葉酸サプリメントを摂取しては
いけないというわけではありません。

まとめ

妊娠中は、ビタミンAも鉄分も葉酸も
どれも必要な栄養なのですが、
どの成分も過剰摂取し続けると
母体にも胎児にもリスクが出てきますので、
毎日食べるということはせずに、
ほどほどにしておいた方が良いでしょう。

なお、葉酸については
サプリメントと一緒に摂取し続けなければ、
食事中からの摂取は気にする必要はありませんし、
鉄分も食事からは積極的に摂っていきましょう。
サプリメントの場合は、医師に相談してください。

ビタミンAについては動物性(レチノール)ではなく
植物性(カロテン)の場合は気にする必要はありません。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA