妊娠中ビタミンAを過剰摂取するとどうなる?不足するとどうなる?

妊娠中にビタミンAを過剰に摂取すると
よくないといわれていますが、
具体的にどのような影響があるのでしょうか?
また、一日の摂取上限はどれくらいなのでしょうか?
徹底的に調べてみました!

スポンサーリンク

妊婦のビタミンAの一日の摂取上限は?

まず、1日に摂取してもよいビタミンA量を
見ていきましょう。

妊婦の場合、1日の必要量は2000IU(600μg)とされています。
また、1日の上限は5000IU(1500μg)とされています。
※厚生労働省より

ここでいうビタミンAというのは、動物性のもの(レチノール)であって、
緑黄色野菜などに含まれるβカロテンは含まれません。
βカロテンは、摂取すると体内でビタミンAに変換されるのですが、
足りていれば、排出されますので気にする必要はありません。

レチノール

ビタミンAが不足するとどうなるの?

1日のビタミンA必要量は2000IUとされていますが、
不足するとどうなるのでしょうか?

ビタミンAは上皮・器官・臓器の成長や分化などに
関与しているため、万が一欠乏した場合、
胎児の発生異常が生じる可能性があります。

簡単に言うと、赤ちゃんの発育が悪くなったり、
早産したりする可能性があるということです。

母体への影響は、夜盲症(暗いところで物が見えにくくなる)に
なったり、食欲不振、角膜軟化症などを発症する恐れがあります。
参照:http://vitamine.jp/bita/bitaa03.html

といっても、ビタミンAは緑黄色野菜などのβカロテンからも
摂取できますので、通常の食事をしていれば、
気にする必要はありません。

ビタミンAを過剰摂取するとどうなるの?

ビタミンAを過剰摂取すると、
1日や2日程度過剰摂取(5000IU以上)
したところで、あまり気にする必要はないかと思いますが、
これが継続的に過剰摂取されると、
胎児に影響が出るといわれています。

アメリカの報告になるのですが、
1日に15000IU(4500μg)以上摂取し続けた妊婦は、
先天異常の乳児を出産する確率が3.5倍も高い
報告されています。
特に、胎児の成長・分化が激しい妊娠初期(妊娠3か月以内)は
ビタミンAを摂りすぎないように注意する必要があります。
また、妊娠前の方も合わせて1日の上限である
5000IU未満を心掛けてください。
参照:厚生労働省、平成7年12月26日付健医健第117号通知

ビタミンA(レチノール)を多く含む食材は?

レチノールを多く含む食材(100gあたり)は、以下になります。

  • 鶏肉(レバー) ⇒ 14000μg
  • 豚肉(レバー) ⇒ 13000μg
  • あんこう(肝) ⇒ 8300μg
  • うなぎ(肝) ⇒ 4400μg
  • うなぎのかば焼き ⇒ 1500μg
  • ほたるいか ⇒ 1500μg
  • ぎんだら ⇒ 1100μg
  • 牛肉(レバー) ⇒ 1100μg
  • あなご ⇒ 890μg
  • あゆ ⇒ 480μg
  • マーガリン ⇒ 1800μg
  • フォアグラ ⇒ 1000μg
  • バター ⇒ 500μg
  • 卵の卵黄 ⇒ 470μg
  • 生クリーム ⇒ 380μg
  • プロセスチーズ ⇒ 240μg
  • デニッシュパン ⇒ 430μg

もっと詳細が知りたい人はこちら

ざっと並べるとこのようになります。
妊娠中のビタミンAの1日の上限が
1500μgなので、毎日レバーを食べ続けると
危ないということになります。
(※1回でもというわけではなく、あくまでも摂り続けた場合です)

スポンサーリンク

どんなことに気を付けたらいいの?

通常の食事で過剰摂取により
先天異常をきたすということはありませんが、
上記で説明したように、妊娠前~妊娠3か月にかけては、
緑黄色野菜などに含まれているβカロテンからの
摂取が良いでしょう。

レチノールをすべて断つというわけではなく、
楽しみ程度にレバーを少量食べたりうなぎを食べたり
というのは問題ありません。
むしろすべて断ってしまうことによるストレスの方が
問題になってきますので、毎日摂取しなければ、
特に問題はないかと思います。

気を付けなければいけないのは、
ビタミンA(レチノール)をサプリメントで
毎日摂取するということです。
サプリメントは毎日飲む上に
1回に3~4錠程度は飲むものが多く、
上限を超えてくるものも多いです。

サプリメントを飲んだうえに普通の食事からも
レチノールを摂取することになるので、
過剰摂取になりやすいです。

まとめ

ビタミンAは欠乏しても異常をきたしますし、
過剰摂取(継続して)しても異常をきたす
リスクが高まるので、
厚労省では、レチノールではなく
βカロテンをすすめています。

サプリメントで摂取しない限りは、
普通の食事をしていて、欠乏することはありませんし、
過剰摂取が続くということもあまりないかと思います。
とはいえ、大好きで毎日レバーや1日に卵を何個も
食べていると過剰摂取につながるので、
そういった食生活はされないように気を付けましょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA