スポンサーリンク

妊婦はムヒやキンカンを使用してもいいの?胎児への影響は?

スポンサーリンク

妊娠中に蚊に刺されてしまった・・・。
かゆくてかゆくてかゆみ止めであるムヒやキンカンを使いたいけど、
妊婦でもこういう薬は使っていいのかな?と疑問になりますよね?
そこで、妊娠中にかゆみ止めを使用してもよいか徹底的に紹介いたします。

妊婦はムヒなどの市販薬を使用してもいいの?

基本的な考えは妊婦の方は要相談など注意事項に書いていなければ、問題ありません。
ちなみにムヒはムヒアルファSⅡや液体ムヒS2a、ムヒアルファEXなどは
使用上の注意に妊婦又は妊娠していると思われる人は、
医師、薬剤師又は、登録販売者に相談と書いてありますので、
自己判断での使用は控えた方が良いということになりますが、
公式ページには使用しても良いということになっていますので、特に問題はないでしょう。
念のため、MUHIに問い合わせてみたところ、虫刺されなど範囲が限定しているのであれば
お使いになっていただいて問題ないという回答をいただきました。
妊娠初期においても同様使用しても良いとのことでした。
ただし、広範囲になってくると、医師に相談してくださいということでしたので、
範囲が部分的ではない場合は注意してください。

ムヒにはいくつか種類がありますが、
その中でも妊婦について記されていないムヒは
ムヒSとムヒベビー、ムヒパッチとなります。

この違いは、ステロイドが入っているか入ってないかの違いとなります。

ムヒ

もしステロイド入りのムヒを使ってしまった場合は?

市販の塗り薬に含まれるステロイドは処方されるものと比べ微量であること、
皮膚から吸収される成分は極微量であること、今までにムヒを塗って胎児に
何か影響が出たという報告が一切ないことを考慮すると、
塗ったからと言って特に問題はないでしょう。
※MUHIの問い合わせにて確認もしております。

ですが、使用上の注意に妊婦は相談と書かれているムヒについては、
局所的には問題ありませんが、広範囲に使用する場合は医師に相談してください。

万が一広範囲に塗った場合は、産婦人科で塗ったことを伝えたり
薬剤師に相談すると安心されるかと思います。

そもそもステロイドの使用はなぜ相談する必要があるの?

ステロイドは妊娠中のうさぎの動物実験において、
7~18日間(器官形成期)に0.5g/kg/日のステロイドを塗布したところ、
胎児生存が低下、口蓋裂を発症したという報告があったため、
妊婦には大量にもしくは長期にわたって広範囲の使用は避けるとされています。
参照:doctors me

実際には人間へのステロイド使用が原因で胎児に問題が発生したり
催奇形性の報告は一例もないため、動物と人間では異なるのですが、
強いステロイドの場合など、妊婦への使用は医師の指示のもと
短期的な使用はされています。

自己判断での使用は認められていませんが、医師の指示のもと
適切に使えば、妊娠中であっても特に問題はないとされています。

スポンサーリンク
 

キンカンやウナコーワは使用してもいいの?

キンカンについては、使用上の注意に妊婦に関する情報が記載されていないため、
自己判断にて使用することが可能です。ただし、皮膚の特に弱い人は相談することとありますので、
肌荒れなどを起こしている妊婦さんは薬剤師に相談しても良いかもしれません。

ウナコーワについては、ウナコーワα、ウナコーワエース、ウナコーワジェルは
使用上の注意に妊婦又は妊娠していると思われる人は相談とあります。
が、KOWAに問い合わせてみたところ、こちらも妊娠中に使用しても問題がないとのことでした。

ちなみに、ウナコーワクールについては妊婦の記載がありません。

まとめ

ムヒなどのかゆみ止めの外用薬はステロイドが入っていないもの(妊婦の記載がないもの)はもちろん、妊婦の記載があるものに関しても局所的に使用する分には何の問題もない
とのことですので、安心して使用して良いでしょう。

ただし、虫刺されなどの局所的な使用ではなく広範囲への使用については
念のため医師や薬剤師に相談された方が良いでしょう。

また、ステロイドが心配な方はムヒSやムヒベビー、ムヒパッチ、ウナクール、キンカンには
ステロイドが含まれていませんので、そういったものを使用されると良いかと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA