妊婦は蚊取り線香を使ってもいいの?胎児への影響は?

夏になると耳元でぷ~んと飛ぶ蚊・・・。
蚊対策に蚊取り線香を焚くというのは、妊娠中は問題がないのでしょうか?
煙を吸ったりすることで胎児に何か影響はあるのでしょうか?
こちらでは妊婦と蚊取り線香についてとことん紹介しております。

スポンサーリンク

妊婦は蚊取り線香を使用してもいいの?

昔ながらのぐるぐる巻いている蚊取り線香ですが、
有効成分としてピレスロイドというものが入っています。
このピレスロイドというのは、除虫菊の花に含まれている天然プレトリンと
それに類似した合成品の総称で、人間にこの成分が入ると体内の酵素により
代謝分解され体外に排出されるため、基本的には妊娠中であっても問題ありませんので、
使用しても良いです。
参照:KINCHO製品Q&A

ただし、ピレスロイドを一度に数十ミリリットルなど多量に体内に摂り入れた場合は
健康障害が出る可能性はあります。
といっても、この量は蚊取り線香を水に溶かした液体や蚊取り線香を直接
誤飲するなどしないかぎりありえない話なので、気にする必要はありません。

蚊取り線香

胎児への影響はあるの?

妊婦さんは問題ありませんでしたが、胎児に影響があるのか?
というところですが、やはり問題がありません。これが妊娠初期であったり、
新生児がいる部屋で蚊取り線香を使用しても体に害がある成分ではないため、
影響はありません。仮に顔の近くで吸ったとしても胎児に影響が出る
といったことはないそうです。KINCHOに電話でも確認いたしました。

もう少し調べてみると、蚊取り線香の有効成分であるピレスロイドは
催奇形性などの遺伝子レベルでの異常を誘発する危険性があるかについては、
実験に実験を重ねているため、その可能性もなく、安全性は検証されています。

使用上の注意点は?

煙の近くに顔を寄せて煙を思いっきり吸ったりした場合に、
成分の影響ではなく煙の影響で目が痛くなったりのどが痛くなったり、煙たい
といったことはありますので、煙の吸い過ぎには注意が必要かと思われます。

妊婦さんが喘息を持っていたり気管支に疾患がある場合は、煙を吸うことで
喘息などを誘発する可能性はありますので、喘息などをお持ちの場合は
煙の出ないベープマットなどを使用すると良いかもしれません。
ベープマットの成分も蚊取り線香と同じプレスロイド系になり安全です。

つわりの時は、いろんな匂いがダメになる方がいますが、
蚊取り線香のにおいもダメという方がおられます。
ですので、匂いがダメな場合は、匂いのない蚊取り線香のようなグッズなども
販売されていますので、そういったもので対応されると良いかと思います。

メーカーでは全く問題がないとする一方、知恵袋などを調べていると、
締め切った部屋で大量に煙を吸い続ければ何かしらの影響があるのでは?という考えもあります。
ですので蚊取り線香を焚くときは部屋を閉め切らず
煙が外へ少しでも逃げるような形で使用したり、時々喚起するなど対策をするといいかもしれません。

スポンサーリンク

それでも成分が気になるという場合は?

ピレスロイドは天然成分と化学物質が合わさったものなので、
安全といっても気になる方はいるかと思います。
蚊取り線香の成分がどうしても気になるという場合は、
虫よけハーブというものがあります。
種類は、ゼラニウムやレモングラス、シトロネラ、ユーカリ、ペパーミントなど
様々なものがありますが、アロマやハーブティーでは妊娠中に使わない方が良い
ハーブがあったりしますので、購入前に聞いてみると良いかと思います。

また、妊娠中はそのような成分系を避けた「蚊帳」も結構人気を集めています。
最近ではワンタッチ蚊帳というものもありますので、手軽に使用することができます。

楽天でワンタッチ蚊帳一覧を見てみる

まとめ

妊娠中は胎児に何か影響がないか?と神経質になる傾向にあります。
蚊取り線香一つとってみてもやはり心配になりますよね?
調べた結果、蚊取り線香やベープマットなどは妊娠中に使用しても
特に問題がありませんので、あまり神経質にならずお過ごしください。

どうしてもという場合は、蚊帳などもありますので、そういったもので
蚊対策をされると良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA