つわりで水を吐く!飲めない時の対処法は?

つわりでいろいろ試してみて、
水でも吐き気が襲ってくる・・・
そんな状態の時の水分摂取は
どうしたらよいのか?について
徹底的に紹介いたします。

スポンサーリンク

水分が摂れないとどうなるの?

水分が全く摂れないと、
脱水症状を招く恐れがあります。

ちなみにこんな症状が出ていたら要注意です。

  • 尿の量が減っている
  • 唇や脇の下などの皮膚の乾燥
  • 微熱が出ている
  • 唾液が減少し、口渇感がある

これらは初期症状なのですが、
悪化していくとふらふらになったり、
せん妄、幻覚、幻聴、けいれんといった
症状も現れてくることがあります。

水

水がだめなら氷で対処する

常温の水がだめなら、冷やしてみて
飲んでみてそれでも吐き気がくるようなら、
氷を食べてみてはいかがでしょうか?

また、冷たくするのではなく
ホット(白湯)にして飲むと
飲めたという人もいますので、
試してみると良いかもしれません。

水がだめでも炭酸水などは平気と
いう人もいますので、
つわり時のお勧めの飲物については、
こちらを参照してみてください。

その水大丈夫ですか?

水が飲めないという水は、
水道水でしょうか?ミネラルウォーターでしょうか?

水には硬度と呼ばれるものがあり、
水道水は軟水、ミネラルウォーターは軟水から硬水が
ありますが、これはカルシウムやマグネシウムなどの
ミネラル量で変わってきます。

  • 軟水は、0~60mg/L未満
  • 中程度の軟水(中硬水)は、60~120mg未満/L
  • 硬水は、120~180mg未満/L
  • 非常な硬水180mg以上/L

となっており、
硬度が高ければ高いほど癖があり
喉にさらさらと通って行かない、引っかかるような感じがあります。

ちなみに、水道水は地域によって異なりますが、

  • 関東地方の場合、約68mg/Lですので、中程度の軟水
  • 中部地方だと、約20mg/Lですので、軟水
  • 近畿地方だと、約45.1mg/Lですので、軟水となります。

ミネラルが含まれていると、
先ほどもお伝えしたように、若干ですが
喉に残るような感じがあります。

そのせいで水を飲んでも吐いている、
あるいは吐き気がするという可能性があります。
なので、試してみると良いのは、
硬度が10mg程度/Lの超軟水やミネラルを完全に取り除いた
RO水を飲んでみると、気分が悪くならずに飲めるかもしれません。

このあたりになってくると、飲んだ時にさらっと喉を通っていきますし、
味やにおいがありません。つまり飲みやすいということです。

なお、RO水については
こちらのウォーターサーバーを
試してみると良いですよ。
赤ちゃん専用ということもあり、ミルクを作るのにも重宝します。

エンジェルスマイルを見てみる

エンジェルスマイルウォーターサーバーの口コミを見てみる

水などの液体がだめならこの方法を試してみる

水がどうしても飲めない場合は、
液体ではなく固形物で水分を摂取するという方法があります。
たとえば、ゼリーやアイスクリームなどですね。

これだと栄養も摂れますし水分摂取にもなります。

また、スポーツドリンクから糖分を取り除いた
OS-1という飲み物があるのですが、
OS-1のゼリータイプというものが販売されていますので、
こういったものを試されるのも良いかと思います。

楽天でOS1ゼリー一覧を見てみる

点滴はどのくらいでしてもらうべき?

水分が摂れないと脱水症などで重篤化することがあり、
その場合点滴が必要になってくるのですが、

この点滴は血液検査や尿検査などでケトン体が
どれくらい出ているのか?を目安として
水分がどれくらい摂れているかで
点滴をするかしないかが医師によって判断されます。

ですので、個人で点滴をした方が良いと
決めるものではなく、医師との相談によって
決まりますので、水分が摂れなくて大丈夫かな?
と不安を持たれているのなら、症状に関係なく
医師に相談することをお勧めします。

点滴が必要なら点滴をしてくださいますし、
大丈夫な場合でも、安心感が得られますよね?

スポンサーリンク

飲めるもの食べられるものを摂取する

つわりで水分があまり摂れないという場合は、
コーヒーでもジュースでもなんでも、
飲めるものを見つけるようにしましょう。

カフェインが気になるという場合でも、
コーヒーや紅茶しか飲めるものがなければ、
摂取すべきです。
1日に薄く入れたコーヒーだと4~5杯程度なら
カフェインは大丈夫だと言われていますし、
ずっと飲み続けるわけではありませんので、
つわりの時期は飲み物の種類に気にせず
水分摂取の手段として用いましょう。

また、食べ物も基本水分が含まれていますので、
食べれるものを増やしていくということも
水分補給の手助けになりますので、
食べれるもの飲めるものを増やしていきましょう。

まとめ

つわり時に水も吐く場合は、
まず水を変えてみることをお勧めします。
水は硬度によって全然飲みやすさが違いますので。

そして、氷やゼリー、アイスクリームを
試してみたり、少しでも飲めるもの、食べれるものを
増やしていき、つらいつわりを乗り切りましょう。

水分が摂れず不安な場合は、
迷わず医師に相談しましょう。

たとえ点滴しなくても話をするだけでも
安心感は得られますので、躊躇しないように!!

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA