妊娠初期の胃痛の対処法は?薬は大丈夫なの?

妊娠初期に現れやすい胃痛・・・。
どのようにしたら楽になるのか?
薬の使用は大丈夫か?などの
胃痛の対処法について紹介いたします。

スポンサーリンク

胃痛の対処法は?

つわり時に起こりやすい胃痛ですが、
まずつわりが吐きつわりなのか?
食べつわりなのか?によって対処法が
異なってきます。

妊婦の胃痛対処法

吐きつわりの場合の胃痛対処法

吐きつわりの場合、
吐くことで胃が傷つけられたり
胃の中に何も入っていない状態が続くことで
胃酸が濃くなり胃が傷つけられたりしますので、
この原因を解消する必要があります。

方法としては食べれるものを見つけたり
飲めるものを見つけることによって
少しでも空腹状態を回避すること

一般的に食べやすい人が多い食べ物としては、
トマトや梅干し、
みかんやグレープフルーツなどの
かんきつ類その他果物、冷やしご飯や
アイスクリームなどの冷たいものは
食べれるという方が多いです。

どうしても食べれないような場合は、
少しずつでも良いので水分補給は
欠かさないようにしましょう。

ホットミルクが飲めるようでしたら、
ミルクは胃を保護してくれますので、
飲んでみて下さい。

飲みやすい飲み物としては、
炭酸水やかんきつ類のジュース、
カルピスやとにかく冷やしたもの、
超軟水の水やRO水が飲みやすいといわれています。

少しでも飲めるもの食べれるものを
増やしていくことで胃の空腹を減らすことが
でき、多少胃痛も抑えられるようになるかと思います。

食べつわりの場合の胃痛対処法

逆に、食べつわりの場合は
一気に食べてしまったり常に胃の中に
ものがある状態によって胃もたれを起こしたり
消化不良を起こすことがありますので、

まずは一気に食べすぎないように
少しずつ食べるように心がけましょう。

お勧めのアイテムとしては、
飴やガムを携帯することで食べ過ぎを回避できることが
多くなります。

食べ物にも注意が必要で、脂っこい物香辛料が多いものは
胃に負担をかけてしまいますので、
できるだけあっさりさっぱりしたものを
口にするようにしましょう。
また、冷たいものも胃に負担をかけてしまいますので、
冷たいものを極力控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

どうしても胃痛が抑えられないときは?

胃痛の度合いは個人差があります。
中には冷や汗をかくほどの胃痛に襲われる方もおられ、
そういった場合は、我慢していると
ストレスがたまってしまいますし、苦痛でしかありませんので、
我慢せずに検診の日でなくても、
かかりつけの医師に相談しましょう。
時間外の時で、どうしても我慢できないような場合は
緊急病院に問い合わせてみると良いかと思います。
その際、妊娠していることを伝えて下さい。

市販薬は大丈夫なの?

妊娠中の市販薬の使用は、基本的には
自己判断では使用しないようにしてください。

市販の胃腸薬の中には妊婦も使用できるものも
あり、市販薬を飲んで少しでも症状を緩和したい
ということであれば、医師や薬剤師に相談された上で
市販薬を使用してみましょう。

■あわせて読みたい記事
妊婦は市販の胃薬を飲んでもいいの?

ただし、基本的にはかかりつけの医師に
相談して薬を処方してもらうのが一番良いかと思います。
医師に相談するほどでもという場合においても、
痛みがあるのなら我慢するとストレスにつながることも
ありますので、相談されると良いでしょう。

まとめ

胃痛はつわり症状の一つと言われています。
つわりの種類によって対処法は変わってきますので、
その点を注意して対処されると良いかと思います。

吐きつわりか食べつわりかわからないような場合は、
脂っこい物や香辛料が多いもの、
冷たいものなど胃に負担がかかりやすいものは
控えるようにすると良いかと思います。

どうしても辛いという場合は、
かかりつけの医師に相談されることを
お勧めします。

病院に行くほどでもないが、
胃痛を緩和したいという場合は、
市販薬を薬剤師さんに使用してよいか
訪ねてから使用すると良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA