妊婦はヒールを履いてもいいの?どんなヒールがいいの?

妊娠中にハイヒールやピンヒールなどの
ヒールを履くと、危険だとか言われたりしますが、
実際はどうなのでしょうか?
妊娠初期の方や結婚式などの行事で
ヒールを履くか迷われている方もおられるかと思います。
こちらでは妊婦とヒールについてまとめております。

スポンサーリンク

妊娠中にヒールを履くと危険?

危険だと思われるヒールは高すぎるハイヒールや
ピンヒールなどは不安定になりがちなので、
妊娠中ずっと履き続けるというのは
やめた方が良いように思いますが、

普段からヒールを履かれていて
履きなれているような人は
急にペタンコの靴に履きかえる方が
かえってつまづきやすくなりますし、
立っているときの重心がかかとに乗り、
腰痛や関節痛を引き起こしてしまうこともあります。

ですので、妊娠したからヒールやめなきゃ
というわけではなく、
徐々にハイヒールやピンヒールなどの不安定な靴から
ローヒールなど高さを低くしていったり、
接地面がピンヒールよりも
広いヒールに変えたり、運動靴などの
安定しやすい靴に履きならして
いった方が良いかと思います。

というのも、妊娠するとお腹がどんどん出てきて
重心が変わっていくため、履きなれているからといっても
ハイヒールなどの不安定な靴を履いていると
転倒する可能性が高くなってしまうからです。

※妊娠中もおしゃれがしたいという理由で
普段から履いてないような
ハイヒールやピンヒールを履くのは
やめましょう。

妊婦とヒール

ヒールを履く妊婦さんを見る周りの目線は?

お腹が目立つ頃になると、
ヒールはつまづきやすいというだけでなく、
周囲の視線も良いようには思われない場合が
結構あったりします。

お腹が目立ってない時でも
ヒールを履いてマタニティマークを付けていると、
YAHOO知恵袋などのコメントを見ていると、
「妊婦なのにヒールを履いて・・・」
「こけても自業自得」
などと、冷たい目で見られることもあります。

これは、人の価値観によって異なるので、
なんともいえませんし、ヒールを履くこと自体は
別に悪いことでもありません。

事実イギリスのキャサリン妃も臨月の時にも
ヒールを履かれていました。
※この方はファッションリーダー的存在でもあったわけですが。

周りの目線を気にされないのであれば、
この点は関係ありませんが、
お腹が大きくなるにつれ重心が変わっていき
ハイヒールやピンヒールなどの不安定な靴は
転倒する可能性が高くなるのは確かなので、
普段からヒールに慣れている場合であっても
徐々に運動靴やローヒールなどに
慣らしていった方が良いかと思います。
※転倒には気を付けて

スポンサーリンク

ヒールを履くと胎児に何か影響するの?

ヒールは一般的に履かない方が良いと言われていますが、
胎児に影響するということは、基本的にありません。

間接的に見れば、ヒールを履くことで
血行が悪くなりむくみなども
出るということもあるかもしれませんが、
それは、自分に合ってないヒールを履いていたり、
履きなれていないためと思われます。

ヒールは履かない方が良いといわれているのは、
胎児に影響があるからとかではなく、
単に転倒しやすい靴であるからという意味合いが
強いです。

ですが、上記でも書いたようにずっとヒールを
履いている人にとっては急にペタンコ靴に
変えた方がつまづきやすいということもありますので、
注意が必要です。

妊娠中のヒールは腰痛対策?

妊娠中はお腹が前に出てきますので、
自然と姿勢は反り返る形になります。
そこで、3cm程度の低いヒールを履くと
多少前傾姿勢になり反り返る姿勢になりにくく、
腰痛予防になります。

ただし、不安定であっては転倒のリスクが出てきますので、
履くとしたらヒールは低めで太目の安定した
ヒールにした方が無難かと思います。

まとめ

普段靴としてヒールを履かれている方が、
妊娠したからといって、急にペタンコ靴に変えると、
転倒のリスクを高めたり腰痛や関節痛などの症状を
引き起こす可能性がありますので、
徐々に慣らしていくようにしましょう。

一般的(周囲の目)には5cmのヒールだと若干高い傾向にあり、
3cm程度だと腰痛対策として知られてきていますので、
問題ないようです。
ただし、3cmヒールであっても、ピンヒールだと
不安定ですので履くとしたらヒールが太いものにしましょう。
※おしゃれも大切ですがお腹の赤ちゃんのことを
第一に考えて一番良いものを選びましょう。

つまり、結婚式などの行事でもヒールは履いても
問題ないが、3cmヒール程度にとどめておかれるか、
ペタンコ靴でおしゃれなものを履かれると
良いかと思います。

結局のところは5cmであっても、
それが履きなれていれば問題はないかと思いますが、
あまりにも高いようなヒールや先の細いヒール
どうしても不安定になりがちですし、
高すぎると腰や骨盤に負担になるということも考えられます。
ですので、そういったヒールを履くのはやめておいた方が
無難かと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA