妊娠中に入浴剤は使ってもいいの?注意することは?

妊娠中は、いろいろと気を遣うもの。
もちろん入浴剤も様々な成分が含まれていますので、
母体には影響がないのか?お腹の赤ちゃんには
影響はないのか?など
使用しても良いのかどうか気になりますよね?
そこで、妊娠中の入浴剤について様々な視点から
調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中に入浴剤を使用してもいいの?

結論から言うと、たいていの場合は問題ありませんが、
入浴剤の中には、「妊娠中、授乳中はお控えください」
と表記されている入浴剤があります。
こういった表記があるものは当然のことながら
使用は控えた方が良いです。

また、入浴剤は様々な種類があり、
何が入ってるかわからないため、
心配であれば、主治医に相談することを
お勧めします。

入浴剤

入浴剤の中でハーブ系のものを使用しているものが
ありますが、妊娠中に使用するとあまりよろしくない
ハーブがあります。
たとえば、ラベンダーやローズマリー、
アロエなど。
このようなものは、子宮収縮作用があると
いわれているので、使用は控えた方が良いでしょう。

■あわせて読みたい記事
妊娠中に控えた方が良いハーブがある!

また、妊娠中は肌が敏感になりやすいので、
妊娠前は平気だった入浴剤でも、
妊娠してからは肌に合わなくなったという方も
おられます。

これは、実際に使用してみないとわからないし、
個人差があるので
どれが良いのかはわかりませんが、
入浴剤を入れてみて、お肌がかゆくなったり
湿疹など肌が荒れるような場合、
何か異常が現れるような場合は使用を中止しましょう。

また、初めて使用するような入浴剤の場合は、
粉の場合は、少量入れてためしてみたり、
固形のものであれば、お湯の量を増やして
試してみると良いかと思います。

妊娠中に控えた方が良い入浴剤は?

上記で書いたハーブ系の入浴剤などの他に
使用を控えた方が良い入浴剤は、
発汗作用などを強く促す、いわゆるエステ系の
入浴剤は母体に負担がかかる可能性があるため
控えられた方が良いかと思います。

また、香料の強いものはお肌への刺激に
なることがありますし、つわり時期ですと
その匂いで吐き気を催す場合もありますので、
控えた方が良いでしょう。
※つわり時期は香りが強くなくても
合わない場合があります。

控えるというわけではないですが、
体を温める系の入浴剤を入れた場合は、
長く入りすぎないことに注意してください。

スポンサーリンク

 

そもそも入浴剤は妊娠中の体に良いものなの?

上記のような強い刺激や強い発汗作用のあるものなどを
除けば、基本的には使用して問題はないようです。

むしろ、入浴剤を入れることによって
リラックス効果が生まれますし、体も程よく
温めてくれますし、入浴剤によっては
保湿効果のあるものもあります。

という様々な利点がありますので、
体には良いかと思います。

妊娠時は、お肌が敏感になったりしますので、
合成香料やパラベンなどを使用していない入浴剤が
良いかと思います。
乾燥肌や敏感肌の方に向いていて上記が含まれていない
妊娠中にもおすすめの入浴剤がありますので、紹介しておきます。

みんなの肌潤風呂を見てみる

上記のことを踏まえて注意すべきことは?

入浴剤を入れた時だけではないのですが、
妊娠中は熱い湯に入らないことと
長湯しないことに注意してください。
※温度は38~41℃程度が良いとされています。

また、入浴剤を入れると少なからず
発汗作用があるため、水分摂取を
心がけてください。

冬場など寒い時期の場合は、
脱衣所が冷えていることが多いので、
たとえ入浴剤を入れて温まったとしても
体は冷えてしまいますので、
脱衣所も暖めておくようにしましょう。

まとめ

妊娠中に使用しない方が良いハーブを使用した
入浴剤や香料の強いものや発汗作用が強いもの、
お肌に刺激になるような入浴剤は控えた方が
良いでしょうが、
妊娠中の入浴剤はデメリットだけでなく
メリットも多く存在しますので、
上記のような入浴剤以外でしたら
特に心配される必要はないかと思います。

ですが、心配なようなら
主治医に確認してから使用されるか、
販売元に直接問い合わせてみて
確認してから使用されると良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA