妊娠中は梅干しの食べ過ぎに注意!どれくらいの量だとOK?

妊娠中、特につわり時期などは酸っぱいものが
食べたくなるって方多いですよね?
その代表となるのが梅干しなんですが、
梅干し食べ過ぎるのは実は体によくありません。
こちらでは、妊婦と梅干しについて紹介しております。

スポンサーリンク

なぜ梅干しは食べ過ぎてはいけないのか?

梅干しには多量の塩分が含まれています。
通常のものですと、1粒におよそ2g程度。

妊娠中に塩分を過剰に摂取すると
妊娠高血圧症候群になることがあり、
早産や死産などの危険性や、
母体の脳出血やけいれんなどの危険が出てきます。

妊娠時における1日の塩分摂取理想量は
8g以下とされています。
つまり、梅干しを1日に4個食べてしまうと
それだけで理想摂取量を満たしてしまいます。

では、4個の梅干しを一日に摂取すると
食べ過ぎなのかというと、おそらく食べ過ぎにあたります。
というのも、塩分は何も梅干しだけではないから。

たとえば、朝に味噌汁を1杯飲んだとします。
これだけで、およそ1.9gの塩分を摂取しますし、
晩御飯に煮魚を食べたとしても、味付けにもよりますが、
2g程度。ハンバーグなら2~3g程度など
他の食品にも塩分は含まれていますので、
余裕で塩分を過剰摂取することになるのがわかります。

梅干し

梅干しは一日何個くらい食べてもいいの?

これといって決まりはありませんが、
目安としては、通常の梅干しなら
1日に2個程度が良いかと思います。

梅干しの中には減塩梅干しがありますので、
こういうものですと、1粒あたりおよそ1.5g程度

中には塩分3%というものもあって、
この場合ですと、1粒あたりおよそ0.4~0.5g程度の
塩分になります。

こういった梅干しですね。
これだと、上記の目安から行くと、
1日に7~8個くらい食べても塩分の過剰摂取には
ならないかと思います。(あくまでも目安です

梅干しを食べ過ぎてた場合どうしたらいいの?

梅干しを食べ過ぎてた場合(塩分を取りすぎてた場合)
血圧が高くなってなければ、今から控えると
良いでしょう。

もし血圧が上が140以上
下が90以上などになっていた場合や、
手足や顔など体にむくみが出ている場合は
高血圧症の疑いがあります。
この場合、すでに医師から何か言われてるかも
しれませんが、常にこのような状態だと
問題ですので、医師に相談してください。

酸っぱいものが食べたい場合は?

どうしても梅干しじゃないといけないという場合は、
減塩3%などの梅干しで対策し、
カリウムの多く含まれている野菜を積極的に
摂って水分を多めに摂り
塩分の排出を促すと良いかと思いますが、
どうしても梅干しじゃないといけないということでは
ないのでしたら、レモンなどの酸っぱい柑橘系のフルーツや
お酢を摂取することで解決するかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA