妊婦は正露丸を服用してもいいの?胎児に影響はあるの?

妊娠中は、薬の服用はいろいろと制限がかかってきますが、
正露丸はどうなんでしょうか?
腹痛に悩まされたときに、応急処置として飲んでも良いものなのでしょうか?
こちらでは、妊婦と正露丸について紹介いたします。

スポンサーリンク

妊娠中正露丸は飲んでもいいの?

大幸薬品公式ページを調べてみたところ、妊娠中授乳中に正露丸を服用しても
正露丸には服用してはいけない成分は含まれていないことと、
今までに問題となった報告はないので、
妊娠初期、後期関係なく服用しても特に問題はないようです。
参照:正露丸&セイロガン糖衣Aに関するご質問

ただし、妊娠中は様々な変化がある時期なので、
かかりつけの医師または薬剤師に相談された方が良いとのことです。

また、これは用法用量を守っている場合に影響はないということなので、
過剰に摂取するということはしないようにしましょう。

ちなみに、用法用量は成人(15歳以上)は1回量3粒で
1日服用回数は3回とされています。

しかし、医師によっては正露丸はやめた方が良いという見解を示す医師も
おられますので、独自の判断での正露丸服用は控えた方が良さそうです。

また、大幸薬品以外の正露丸の中には、
ロートエキスが配合されているものがあります。
この成分には、胎児に頻脈等があらわれることがあるようなので、
服用はしないようにしましょう。
参考:医療用医薬品:ロートエキス|KEGG MEDICUS

正露丸

大幸薬品の正露丸の成分

日局木クレオソート、日局アセンヤク末、
日局オウバク末、日局カンゾウ末、陳皮末

添加物として、ケイヒ、CMC-Ca(カルボキシメチルセルロースカルシウム)、グリセリン

正露丸を飲む前にかかりつけの医師に相談が基本

正露丸だけではありませんが、市販の薬などを使用される場合は、
使用する前にかかりつけの医師に相談するのが基本的な考えです。

もうすでに正露丸を飲まれたという場合は、
多量に飲んでいなければ、特に心配する必要はないかと思われますが、
腹痛下痢が続くような場合は、正露丸は飲まずに
かかりつけの医師に相談してください。

また、腹痛下痢が治ったとしても、
次回検診時にでも正露丸を服用したことを念のために
報告しておくと良いかと思います。

下痢は出し切った方が良い?

下痢は体外に悪いものを排出しようとする
体の反応なので、薬を飲んで下痢を止めるより
出し切ってしまった方が良いとされています。
腹痛下痢の原因がわからないのに、薬で止めてしまうのは
良くありません。

その際、下痢は子宮を収縮するということを心配されるかもしれません。
あまりにも力み過ぎると、子宮収縮をきたす場合もありますが、
力み過ぎなければ、基本的には問題ないとされています。

また、下痢によって流産する可能性は低いとされていますので、
こちらも心配する必要はないかと思います。

正露丸を飲まずに腹痛下痢を対処するには?

妊娠中の自己判断で薬を服用するのはやめておいた方が良いこと、
下痢は出し切った方が良いこと
とあげましたが、現実には腹痛下痢で悩まされているかと思います。

では、正露丸に頼らずにどのような対処をしたらいいのでしょうか?

水分補給をする

腹痛下痢になる原因として、消化不良やお腹の冷え、ウイルスや細菌、
食中毒食あたり、ストレスなどによる過敏性腸症候群など
様々な原因がありますが、

下痢になると、本来吸収されるはずの水分が体外に排出されますので、
水分補給をする必要があります。

ですが、冷たい水などですと胃腸を刺激してしまいますので、
ぬるめの水や常温のスポーツドリンクなどなるべく温かめのものを
一気に摂取するのではなく、少しずつこまめに摂取するように心がけてください。

注意点としては、コーヒーや緑茶などカフェインの含まれているものは
胃腸を刺激してしまいますので、避けてください。

とにかく出し切る

下痢を伴う腹痛の場合は、とにかく出し切るということが
一番の対処となります。

ただし、あまりにも力み過ぎるとよくありませんので、
力まないように排泄を行いましょう。

体を温める

冷えから来る腹痛下痢の場合は、体を適度に温めることで、和らぐことがあります。
温める場所は、お腹をはじめ、首回りや足元、手足指先などを温めると良いでしょう。

ただし、汗をかくほど温めると熱が逃げてしまいますので、適度に温めるようにしましょう。

深呼吸をする

ストレスなどから来る腹痛下痢の場合は、
まずは気持ちを落ち着かせるために、深呼吸をすることは効果的です。

また、横になってできるだけ体がリラックスできるような態勢になることも良いでしょう。

スポンサーリンク

どうしても我慢できない場合は?

度合いにもよるかと思いますが、
まずはかかりつけの病院に連絡すると良いかと思います。

土日祝日や夜間など時間外の場合で、どうしても我慢できないような場合は、

北海道、東京都、愛知県、奈良県、大阪府、福岡県の場合は、
「#7119」へ電話すると

救急安心センター(救急相談センター)につながり、
相談することができます。そこで緊急度を判定し
結果に応じて医療機関の案内をしてくれたり、119番へ電話を転送してくれます。

それ以外の府県や緊急度が高いと思った場合は、
直接119番に電話するという流れになります。

※各都道府県で少しずつ対応しているところが増えてきてますので、
「#7119 + お住まいの都道府県名」を検索してみると良いかと思います。

また、今後急を要するようなことがある場合に備えて、
夜間診療などを行なっている病院を見つけておくことも大切だと思います。

なお、お子さんが生まれてからの話になりますが、
小児救急でんわ相談(全国対応)というものがあり、
休日や夜間など急な子供の病気などにどう対処したらわからない場合、
「#8000」で相談することができます。
参照:厚生労働省#8000について

あわせて覚えておくと良いでしょう。

病院

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠中の正露丸で胎児に何か影響があるということは
考えにくいようですが、

飲む前にかかりつけの医師に相談した方が良い
ということがわかりました。

万が一相談される前にすでに飲まれていたとしたら、
検診時にでも正露丸を飲んだことを念のために
伝えておくと良いでしょう。
そのうえで今後どうするかという相談もできるかと思います。

下痢腹痛の原因といっても様々な原因があります。
下痢を伴う場合は水分が奪われている状態なので、
こまめに水分摂取を行なうとともに、安静にしておくことが大切です。

どうしても我慢できないような場合は、
かかりつけの医師に相談されたり、相談できるようなサービスや救急病院などに
連絡をしたりすると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA