妊婦はパスタを食べてもいい?控えたい種類は?

パスタといえば、オイル系やクリーム系、
ソース系など様々な種類がありますが、
これらすべて、妊婦が食べても問題はないでしょうか?
ミートソースやカルボナーラですと
パルメザンチーズを振りかけたり、
たらこパスタなども気になるかと思います。
また、毎日のように食べるとどのようなことが
起こるのか?についても調べてみました。

スポンサーリンク

妊婦が注意したいパスタは?

まず簡単に注意が必要かなと思われる
パスタを並べると、
カルボナーラ、たらこパスタ、ジェノベーゼパスタ(バジル)、
生ハムの乗ったようなパスタ、ウニをたくさん使ったパスタ、
辛いパスタあたりになるでしょうか?
といっても、そんなに神経質になるほど心配する必要は
ありませんが、一応説明させていただきます。

妊婦とパスタ

カルボナーラはなぜ注意が必要?

カルボナーラを作る過程で生卵をからめます。
生卵にはサルモネラ菌が付着している場合がありますので、
そういった意味で注意が必要なのですが、
日本の場合では、生食しても良いように管理が
してありますので、それほど気にする必要はありません。
自宅で作る場合は、賞味期限を徹底し、新鮮な卵を
使いましょう。
※お店では新鮮なものが使用されていると思われます。

なお、それでも気になるという場合は、サルモネラ菌を
完全に除去した卵というものも販売されていますので、
そういったものを使用されたり、生卵の代わりに温泉卵を
使用されると良いかと思います。

たらこパスタはなぜ注意が必要?

たらこパスタは作り方にもよりますが、
生のたらこを使用するかと思います。
生のたらこにはリステリア菌がいる可能性が
稀にですが、あります。
といっても、これもそれほど心配する必要のない
くらいの確率ですが、心配なようでしたら
完全に火を通したたらこパスタを食べると
問題はありません。
※確率的には宝くじに当たる程度とも

また、たらこにはプリン体が多く含まれています。
ですので、1食程度なら多少食べすぎたとしても問題はないのですが、
これが毎日となるとプリン体の摂りすぎにつながってきます。
毎日食べるということは控えましょう。

ジェノベーゼ(バジル)パスタはなぜ注意が必要?

こちらもそれほど心配する必要はないのですが、
バジルを毎日のように多量に摂取しすぎると、
バジルには子宮収縮作用があるといわれていますので、
お腹が張ったり、早産の危険性が出てきます。

ですが、これは毎日多量に食べすぎた場合のみなので、
たまに食べるジェノベーゼパスタは気にする必要は
ないでしょう。

また、参考までにパセリにも子宮収縮作用があると
言われています。

生ハムを使ったパスタはなぜ注意が必要?

生ハムにはトキソプラズマがいる可能性があるため、
妊娠中は食べないようにと言われています。
日本で作られた生ハムの場合ですと、
徹底管理がなされていて、トキソプラズマの心配は
ないということですが、絶対に食べなければいけない
という状況でない限り食べない方が無難と言って
良いでしょう。

ウニを多量に使ったパスタはなぜ注意が必要?

ウニもたらこと同じくプリン体が多く含まれている
食材です。たくさん使っているということは、
それだけプリン体も多く入っています。
ウニは100gあたりプリン体が137mg含まれています。

1食程度なら問題はありませんが、
これが毎日となると高脂血症や痛風などが
心配になってきます。

辛いパスタはなぜ注意が必要?

辛いパスタというとたいていのオイル系パスタ
ペペロンチーノなどや、アラビアータなどの
トマト系パスタで唐辛子を多く使用しているものに
なりますが、辛すぎなければ特に問題になりません。

ですが辛すぎた場合、胎児には影響はないのですが、
腸を傷めてしまい下痢になることがあります。
そうなるとお腹が張りやすくなるなど
妊婦にとってあまりよくありませんので、
辛いものに慣れていない人は
激辛というパスタは控えましょう。

また、辛みのあるものは、塩分が多く含まれていたり、
食欲増進作用によりついつい食べすぎてしまう
ということもありますので、この点についても
注意が必要になってきます。

スポンサーリンク

パルメザンチーズは問題ないの?

ミートソースやボロネーゼ、ナポリタン、
カルボナーラなどにパルメザンチーズを
振りかけると思いますが、
パルメザンチーズはナチュラルチーズで
通常は加熱せずに作られるため、
リステリア菌がいる可能性があります。

ですが、日本で作られるパルメザンチーズ
製造工程で加熱が義務付けられていますので、
リステリア菌の心配はありません。

多量に食べすぎなければ、気にせず食べて良いでしょう。

毎日パスタを食べるのはいいの?

毎日パスタを食べるのは極力避けた方が
良いでしょう。特に外食で食べるパスタに関しては
注意が必要です。

というのも、パスタを茹でるのに塩を使いますし、
ソースにも塩分が結構含まれていますので、
毎日パスタを食べるとなると
それだけ塩分を多く摂取することになります。

また、気を付けなければいけないのは、
塩分だけでなく油分も注意が必要です。
基本的にはオリーブオイルを使用しており
健康によさそうなイメージがありますが、
摂取しすぎると、パスタの炭水化物と
オイルの脂質でパスタはカロリーが
高くなってしまいます。

ですので、毎日のように食べていると
塩分の摂りすぎで高血圧症や
カロリーの摂りすぎで体重増加の
原因になる可能性があります。

結論

パスタはたまに食べる分には、
基本的には何を食べても問題はないでしょう。
ただし、毎日となると塩分やカロリーが気になりますし、
パスタの種類によっては、痛風などにも
気を付けなければいけません。

何に対してもそうなのですが、
妊娠中は多少神経質になった方が良いのですが、
神経質になりすぎていると
ストレスが溜まってしまい自分にとっても
赤ちゃんにとっても良くありませんので、多少気を緩めることも大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA