妊娠中(妊婦)は点鼻薬を使用してもいいの?胎児への影響は?

妊娠中(妊婦)に、花粉症や何かのアレルギー、
もしくは風邪様の症状で鼻が詰まった場合、
鼻で息ができなくなり大変ですよね?
しかも、これって結構ストレスになりますし、
そこで妊娠中は点鼻薬は使用しても良いのか?
調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中の点鼻薬について

点鼻薬の使用については、自己判断で
市販のものを使用するということは避け、
必ず産科医に相談してください。
そこで、使用許可が出た場合は使用しても良いでしょうし、
点鼻薬が処方されるかもしれません。
耳鼻科で診てもらうのもいいのですが、
基本的には産科医の意見に従った方が
良いようです。

鼻づまり

もし市販薬のものを自己判断で使用していたら?

自己判断のもとで使用しているのでしたら、
すぐに使用を中止して医師に指示を仰いでもらった方が
良いでしょう。

点鼻薬は、使用していたからといって、
飲み薬と違い、局所的に粘膜からの吸収となるため、
通常の使い方であれば、
胎児に特別影響が出る可能性は飲み薬と比べれば、
極めて低いと言われていますが、
自己判断となると、妊娠の状態や初期なのか後期なのか
という妊娠時期もかかわってきますので、
万が一のことを考えると、医師の相談の元、指示されたもの
あるいは処方されたものを使用する方が良いでしょう。

特に、妊娠初期(7週程度まで)は胎児の脳や脊髄など
大切な部分の発育期間ですので、市販の点鼻薬でも
妊娠中は控えるように書いてありますし、
薬局の薬剤師さんに聞いても妊娠中は医師に相談するように
言われるかと思います。
実際に使用していた人の意見を見てみる

使っていたものは、心配しても仕方がありませんし
今からやめればそれ以上のことはありません。
心配される方がストレスとなり、
かえって胎児に悪影響を与える可能性があります。
やめたうえで医師に相談すると安心されるかと思います。

スポンサーリンク

医師からOKが出たら?

医師から使用許可が出たら使用しても
かまいませんが、点鼻薬は自律神経に働きかけ
血管を拡張させて鼻の通りをよくするものです。

点鼻薬を過度に使用し続けると、
点鼻薬性鼻炎という症状が出てきてしまいます。
これは鼻の粘膜が腫れるという副作用で、
粘膜が腫れるため、使用前よりも症状が悪化することが
あります。
鼻が詰まるから点鼻薬を使用する。
さらに詰まるのでさらに点鼻薬を使用するという
悪循環に陥ってしまう可能性があります。

このような症状が出た場合は、
点鼻薬をやめることで改善されることが多いようです。
最初の2~3日はかなりつらいでしょうが、
1~2週間すると粘膜の腫れも落ち着いて
楽になるそうです。

ちなみに、1日に5回も6回も使用するのは
使い過ぎにあたるようです。
使用は1日に2回までにとどめておくと良いそうです。
使用許可が出た場合は、使用上の注意や使用回数についても
相談された方が良いでしょう。
また、市販の点鼻薬にはステロイドを使用しているものも
ありますので、そのことも聞いてみた方が良いでしょう。

点鼻薬以外の対処方法は?

点鼻薬以外での鼻づまり解消法を紹介いたします。
まず、鼻を蒸しタオルやカイロなどで暖めます。
温かい飲み物の湯気を吸いこむのも効果的です。

別の方法としては、息を大きく吸い込んで、
肺が空になるまで息を吐き切ります。
次に鼻をつまみ息を止めた状態で、
およそ2秒ほどのペースで天井と床を
交互に見る。
これをできるところまで続けることによって、
鼻の通りが良くなるという方法です。
これで、鼻づまりが解消されやすくなります。

他にも鼻づまりに効果的なツボもありますので、
動画をご覧ください。

市販のものを使用する場合は、
ブリーズライトという鼻づまりを解消するテープが
良いでしょう。
ただ、鼻に貼って鼻を拡張させるだけなので、
妊娠中であっても、子供にも使用することができます。
楽天でブリーズライト一覧を見てみる

結論

調べた結果、妊娠中に点鼻薬の使用は
さほど問題にならない場合が多いようですが、
自己判断での使用は問題です。
使用される前に必ず医師に相談してください。
妊娠の状態などによって、使用してはいけない
なんてこともあるかもしれませんし、
自己判断で薬を使用するということは、
点鼻薬に限らず他の薬でも
自己判断で使用しかねません。
薬類は必ず医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA