妊娠初期から始まる腰痛!その原因と対策は?

腰が重だるいような、生理痛の弱いような感じの
チクチクするような痛み。
妊娠初期はまだ安定してない時期ですので、
腰痛など何か出ると不安になってしまうものです。
では、この腰痛はなぜ起こっているのでしょうか?
的確なことは医師にしかわかりませんが、
一般的に言われているものをここではお伝えいたします。
参考程度にお読みください。

スポンサーリンク

妊娠初期の腰痛の主な原因

妊娠すると、大きくなる子宮に対応するために、
骨盤も準備を始めるため、
骨盤~尾てい骨あたりが痛くなることがあります。

これは、妊娠中に「リラキシン」というホルモンが
分泌されるのですが、このホルモンの影響で
関節、靭帯が緩まり筋肉などに
負荷がかかりやすい状態になります。
これは、妊娠初期に限らず妊娠中は
どんどん赤ちゃんが大きくなっていきますので、
それに合わせて体も変化していきます。
ですので、腰痛は妊婦さんにはつきものということですね。
出ない方もいますが、腰痛が出やすいということは
意識しておいた方が良いでしょう。

妊娠初期の腰痛はよくあることですので、
さほど心配する必要はないかと思います。

稀にですが妊娠を期に
ヘルニアが発覚する妊婦さんも
いるため、医師に次回の検診時にでも

  • どの箇所が痛むのか?
  • どのような時に痛むのか?
  • どんな痛みなのか?

など相談されると良いかと思いますし、
どうしても気になるようでしたら、
電話で産婦人科に確認されてみると
対応してくださりますし、安心できるかと思います。

腰痛

妊娠初期の腰痛と流産の関係は?

流産の兆候の一つとして腰痛が
出ることもあるようです。
通常の腰痛の場合は、
上記で書いたような理由からくるもので、
心配する必要はないかと思いますが、
ヘルニアなどを患っているということも
稀にあるようですし、きっと不安なことでしょうから
一度医師に相談されると良いかと思います。

激しい腰痛や腹痛があり、
出血している場合やお腹の張りと出血を伴う場合は
流産の危険性が出てきますので、
このような症状が出ている場合は、
速やかに受診してください。

血の出方も様々でだらだらと出る場合もあれば、
急に出る場合もあります。
いずれにせよ出血や強い痛みなどいつもと様子が
違う場合はすぐにかかりつけの産婦人科に
電話で連絡した方が良いかと思います。

スポンサーリンク

 

妊娠初期の腰痛対策は?

腰痛対策としては、
冷えると痛みが増すことがあるので、
できるだけ暖めるようにすると、痛みが緩和されます。

また、骨盤の緩みから痛みがきているので、
骨盤を固定してあげると楽になります。
妊婦用のコルセットや腹帯などを巻くだけで
かなり違ってきますが、おすすめとしては、
トコちゃんベルトをつけると楽になったという方が
多く、病院によっては試着させてくれるところもあるので、
少々高いですが、購入してみるのも手かと思います。
ちなみにトコちゃんベルトとはこういうものです。
楽天でトコちゃんベルト一覧を見てみる

また、リラックスすこと、ストレスをためないことが
大切なので、深呼吸してリラックスするようにしましょう。

同じ姿勢でずっといるというのも
よくありませんので、医師に安静にするようにと
言われていなければ、適度に軽い運動を心がけるのも
良いかと思います。また、30分に1度は動くようにすると
良いかと思います。

マタニティ体操の動画を見つけましたので、
参考にしてみて下さい。

その1

その2

腰痛は、出ない人もいますが
妊娠初期だけでなく妊娠中は起こりやすい症状ですので、
しんどくならない程度に適度に動くようにしましょう。

腰痛を軽減するマットというのもありますので、
参考にすると良いですよ^^
腰痛を軽減するマットを見てみる

LINEで送る
Pocket


コメントを残す




CAPTCHA