妊婦さんにおすすめ!ローズヒップティーの効果とは?

妊娠中は、食べるにしても飲むにしても
何かと制限されてしまいます。
そういったことからハーブティーを摂取される
妊婦さんは多いです。

その中でもこちらでは
人気のあるローズヒップティーの効能について
紹介いたします。

スポンサーリンク

ローズヒップティーの効果・効能とは?

ローズヒップティーは、別名として「ビタミンCの爆弾」
呼ばれるほど、ビタミンCが豊富に含まれています。
その含有量はレモンのおよそ20倍なんだとか。

その他にも、鉄分やカルシウム、ミネラル、βカロテン、
ビタミンA、ビタミンE、リコピンなどが含まれています。
まさに栄養の宝庫ですね。

ちなみに、妊娠中に気を付けないといけない
ビタミンAは動物性のものなので、ローズヒップティーに
含まれているビタミンAは気にする必要はありません。

ローズヒップ
画像:ローズヒップの実

そんなローズヒップティーですが、
もちろんノンカフェインで子宮収縮などの作用も
ないことから妊娠中でも安心して飲むことができます。

気になる効果・効能としては、

  • 肌の新陳代謝促進
  • ホルモンバランスを整える
  • 免疫力アップによる風邪や感染症の予防効果
  • 妊娠中の栄養補給
  • 貧血めまい防止
  • リラックス効果によるストレス解消

このような効果が期待できるといわれています。

妊娠中は特に免疫力が低下しますので、
免疫力をあげてくれるような作用があると、
ありがたいですよね。
しかも、リラックス効果までもたらしてくれますので、
まさに、妊婦のためのハーブティーといっても
言い過ぎではないでしょう。

スポンサーリンク

飲みすぎるとどうなるの?

1日に5杯だとか10杯だとか
飲みすぎるとビタミンCの摂りすぎ?などと
気にされる方もいると思いますが、
過剰に摂取したビタミンは吸収されずに
尿などから排出されていきますので、
成分を過剰に摂取してどうにかなる
というのは、気にしなくていいでしょう。

ただし、一気に何リットルも飲んでしまう
というような飲み方は、電解質のバランスが
崩れたり、ビタミンCの過剰摂取(一度にという意味で)により
吐き気などをもたらすとも限りません。

一日にたとえば10杯飲むというのは、
飲みすぎにあたるのかどうかですが、
私としては飲みすぎにあたると思います。
何においてもそうですが、いくら大丈夫だと
言われていても過剰摂取は体に良くない
と考えるからです。

また、ハーブティーのそもそもの目的は、
リラックスするということだと思うので、
一息つくときに飲む程度にすると、
気持ちも落ち着くかと思います。

目安としては、人によって変わってくるでしょうが、
たとえば、毎食後に飲むというのはいかがでしょうか?
ですので、1日に3杯程度ですね。

こんな時期におすすめ

どの時期でもおすすめなのですが、
特におすすめなのが、食べづわりや後期のつわりなど
つわり時期、妊娠初期にお勧めです。

ローズヒップティーの味は、さわやかな酸味がしますので、
胃のむかつきや吐き気などを和らげてくれます。

おすすめとしてはこちらになります。

妊婦さん専用ハーブティーを見てみる

妊婦さん専用のハーブティーとして、
妊婦さんに良いといわれる
オーガニックハーブを数ある中から
厳選してブレンドしたハーブティーというものも
ありますので、試してみるといいですよ^^
もちろんローズヒップも含まれています!

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA