妊娠中に湿布は貼ってもいいの?胎児への影響は?

妊娠中は体が変化してくるため肩こりが出たり、
腰痛が出たり、特に妊娠後期になると
お腹が出てくる分、腰痛に悩まされる妊婦さんは
多くおられます。

この腰痛を治めようと湿布を貼ったり塗ったり
しても大丈夫なのか?
湿布は薬局でも普通に買えちゃいますし、
何も知らずに貼っていると大変なことになる可能性があるのを
ご存知でしょうか?こちらでは、妊娠中の湿布について
調べたことをシェアいたします。

スポンサーリンク

妊娠中は湿布を貼ってはいけない?

一昔前までは、妊娠中の湿布について
規制はなく貼ってもいいよと言われる医師もおられましたが、
2014年に厚生労働省から妊娠後期における湿布(外用消炎鎮痛剤)の
一部を禁忌とする改訂が行われました。
禁忌とされる湿布は、

  • インドメタシン(セラスター)
  • ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)
  • ケトプロフェン(モーラス)

などの成分が含まれたものは使用は避けてください。
サイトや口コミを見て回ると、モーラステープを貼っていた、
インドメタシン入ったものを使用していたなんて書き込みが
あったりしますが、この情報は古い情報で当時は外用薬は
禁忌とされていませんでしたので、
そのような書き込みがあるものだと思われます。
参照:外皮用剤の妊娠中における使用について-厚生労働省

妊娠中の湿布

禁忌とされる成分が含まれる湿布が及ぼす胎児の影響

これらの成分が含まれる湿布を多量に使用した実際のケース
胎児に動脈管収縮が現れたケースや
妊娠中期に羊水過小が現れたケースがあるそうです。
いずれも死産とはなりませんでしたが、
危険な状態であったと思います。

また、これらのケースは1度に多量に貼った際に
起こったとされていますが、このような危険な状態を
避けるために、以前は投薬だけを禁忌としていたところを
外用薬についても禁忌とされたものと思われます。

胎児の動脈管収縮とは
動脈管収縮とは簡単に言うと、
胎児に血液(酸素)を送る管のことで、
これが収縮、つまり狭くなって閉じてしまうと
胎児に血液が送られなくなるため、最悪の場合
死産といったことにもなりかねません。

妊娠中に避けた方が良い湿布は?

妊娠中に避けた方が良い湿布は、
上記の成分が配合されている湿布となりますが、
具体的には、
ロキソニンテープ、モーラステープ、エパテックゲル、
エパテックローション、エパテッククリーム、
セクターゲル、セクターローション、セクタークリーム、
ミルタックスパップなども使用しない方が良いとされています。
また、ボルタレンテープやナボールテープ(ジクロフェナクナトリウム)や
ヤクバン(フルルビプルフェン、セルタッチ(フェエルビナク)、
セラスター(インドメタシン)なども使用しないように!
参照:三宅婦人科内科医院

市販薬にもインドメタシン配合のものがありますので、
そういったものは避けるようにしましょう。

もし貼ってしまった場合は?

知らずに貼ってしまっていたということが
あるかもしれません。
上記のような胎児動脈管収縮や羊水過小などの症状は、
1度に多量に張った場合に起こったケースですので、
1度に多量に貼ったり塗ったりしていなければ、
慌てることはないでしょう。

ですが、厚生労働省で禁忌とされているものなので、
すぐにはがして、次回より使用しないように
した方が良いかと思います。
症状や痛みの度合いによって貼る貼らないが
変わるかもしれませんので、
検診時に腰痛や肩こりなどの症状を医師に話して、
指示に従った方が良いでしょう。

ネットで確認した限りでは、これらの症状が出たのは
3件とのことだったので、通常量貼ったからといって可能性は低いので
大丈夫だとは思います。ですが、どうしても心配ということであれば、
かかりつけの病院に電話で問い合わせてみると良いかもしれません。
参照:せせらぎメンタルクリニック

足だったらお腹の近くじゃないし問題ないよね?と
思う方もおられるかもしれませんが、
これはどこに貼っても同じことで、上記のような症状が
たくさん貼れば貼るほど出る可能性は高くなります。

スポンサーリンク

妊娠後期以外だとどうなの?

厚生労働省では、妊娠後期と書かれており、
妊娠初期や安定期に入ってからこれらの湿布を
貼ってもよいのか気になったので、
調べてみると、
インドメタシンなどが含有された湿布は、子宮収縮作用があるため、
妊娠初期や中期であっても自己判断で貼ったり塗ったりといった行為は
避けた方が良く、
やはり、医師に診てもらって対応してもらった方が良いとのことです。

妊娠中でも使用可能とされている湿布は?

一応妊娠中に使用できる湿布を紹介いたしますが、
自己判断で貼らずに、まずは医師に診てもらってもらうことを
前提として紹介いたします。

妊娠中に使用可能とされている湿布(外用消炎鎮痛剤)は
第3類医薬品の湿布でインドメタシン等配合されていないものとなります。

商品名でいうと、
サロンパスAeやサロンパスローション、アンメルツヨコヨコ、アンメルツレディーナ、
ニューアンメルツヨコヨコA、アンメルツ温キューパッチ、パテックスうすぴたシップ、
腰痛パテックスなど。

これらは、使用上の注意に妊婦の注意書きがありませんし、
メーカーによっては、妊娠中に使用しても問題ないとしているものも
あります。

妊娠中使用してはいけないのは第1類医薬品で、
第2類医薬品の場合は使用上の注意書きがあり
医師・薬剤師に相談が必要とされるものについては、
使用不可のものもあります。

特に気を付けたいのは、
例えば同じサロンパスでも、サロンパスEXには、インドメタシンが配合されていたり、
アンメルツゴールドEXの場合は、妊婦は使用しないことと注意書きがされています。
※注意書きされていないものでも、インドメタシンが配合されているものもあります。

名前が似ているので、わかりづらいですね。

ただし、上記で何度も書いたように使用するにあたっては、
市販されているものを買う前に、あるいは自宅に残っているものを
使用する前に、かかりつけの医師に相談されるのが
無難かと思います。

まとめ

湿布は身近すぎて、口に入れるものではないので
誰でも安易に貼ってしまったり
塗ってしまったりしがちですが、
胎児に影響を及ぼす可能性がある湿布は
実に多くあります。

たとえ、市販の湿布だったとしても
薬(医薬品)の場合は自己判断で
使用せずに必ず医師に相談してください。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA