妊婦は飛行機に乗ってもいいの?気を付けることはなに?

妊娠中に里帰りや旅行などで
飛行機に乗る機会がある妊婦さんも
結構たくさんおられます。
しかし気になるのは、妊婦が飛行機に乗ってもいいのか?
乗ってもいいとして、それはいつからいつまでの間ならいいのか?
機内で気を付けることはあるのか?
などなど不安はつきものです。
こちらでは、そんな不安を抱えた妊婦さんが飛行機に
乗るにあたっての注意事項などを紹介いたします。

スポンサーリンク

妊婦はいつからいつまで飛行機に乗ってもよい?

まず、妊娠中だからといって飛行機に乗ってはいけない
というわけではありません。
ただし、健康な妊婦というのが条件です。

では、妊婦はいつから乗ってもよいかについてですが、
妊娠初期に乗ってはいけないという規定はありませんので、
妊娠が発覚しても飛行機に乗ることはできます。

ただし、妊娠初期はつわり時期で体調が悪くなりがちですし、
流産しやすい時期でもあるため、
基本的には安定期に入るまでは飛行機は控えるのが
良いでしょう。

そして、安定期に入ってからは健康な妊婦の場合は、
問題ないのですが、
つわりが長引いたりして症状が悪化するような場合や、
全治胎盤、頚管無力症、妊娠中毒症などの
何かしらの症状がある場合は、
様々な影響が考えられる為、
飛行機の利用は見合わせた方が良いとされます。
その場合は、医師に安静にするようになど
言われていると思います。

飛行機

いつまで乗ってもいいの?

控えた方が良いとされるのは、臨月に入ってからは
早産の可能性や急に産気づいてしまう恐れがあるので、
控えた方が良いでしょう。

具体的にいうと、航空会社によっても変わってくるそうですが、
臨月(出産予定日から28日以内)の妊婦は
医師の診断書が必要になります。

また、国際線においては、出産予定日まで14日以内
国内線では出産予定日まで7日以内の搭乗については
産科医の同伴が必須となります。

ですので、これを考慮すると、
妊婦が飛行機に安心して乗れる時期は、
妊娠中期より臨月前までとなります。

飛行機に乗って何か影響はあるの?

上空では、地上と比べて放射線量が
多くなることと、気圧の低下により
電磁波の影響が少なからずあると思います。
ですが、今までこれらの影響により
胎児に何か起こったという報告は1件もありませんが、
これらの影響による有無は科学的に
証明されていません。

考え方を変えると、
証明するほど何かが起こるというものではない
と言えます。

つまりは、気にするほどのことではないということですね。
逆に気にしすぎる方が胎児に
何か影響が出る可能性の方が高いかと思います。

妊婦はエコノミークラス症候群になりやすい

妊娠8か月以降お腹が大きくなってきますので、
この辺りからは、
お腹の大きさで足の付け根が圧迫されて
エコノミークラス症候群に通常の人よりも
なりやすいということが考えられます。

2~3時間程度のフライトですと、問題ないでしょうが、
これが7時間も8時間も長時間になりますと、
エコノミークラス症候群の注意が必要になってきます。
ですので、長期時間飛行機に乗るような場合は、
同じ姿勢をずっと保たないことを心掛けてください。

気圧の変化により体調が悪くなる可能性がある

上空では、機内は地上と同じ1気圧程度に
保たれているのですが、
着陸時と離陸時(15~30分程度)は、
気圧の変化により、耳鳴りや胃腸内のガスが膨張したり
他に人によっては、貧血を起こす可能性はあります。
胎児については特に問題はありません。

胃腸内のガスの膨張する現象により、
離陸前や着陸前に炭酸飲料を飲むことは
控えてください。

スポンサーリンク

飛行機に乗る際に気を付けることは?

飛行機に乗る際に気を付けることは、
時期にもよりますが、インフルエンザが流行っているような
時期ですと機内は密室状態と同じなので、
ウイルスがうつりやすい環境と言えます。
ですので、飛行機に乗る際は、マスクを持参されると
良いでしょう。

また、お腹や足元を冷やさないために、
何か対策をしておくことをお勧めします。
アテンダントさんに伝えると毛布など貸してくださいます。

飛行機に乗る前に事前に航空会社に
妊娠していることを伝えると、
あちらの方もそれなりの対応をしてくださいますので、
安心かと思います。

飛行機の座席について

飛行機の座席を予約する際は、
いつでも移動できるように通路側の席を
確保しましょう。
妊娠中はトイレが近くなるので、
できれば、トイレに近い席ですと安心です。

また、チケットを取る際にネットからではなく
電話で予約をする際に、バルクヘッド席という
前スペースが広く窮屈でない席が取れるかもしれません。
本来は、障がいを持たれた方や赤ちゃんなど小さい子どもを
連れた方優先の席なので、自分の状況を見て、
必要だと感じたのならば、伝えてみましょう。
相談し条件によっては取れる可能性があります。

空港のゲートについて

空港のゲートで、X線などを気にされる妊婦さんが
おられますが、X線を使用するところは、
手荷物のみとなっており、
実際に人が通るところには使用されていませんので、
安心してください。
人が通るところで使われているのは、高周波
これは腰痛の方の治療などにも使われているものなので、
何かしらの害が出ることはないでしょう。

最後に

飛行機に乗る予定がある方は、
健康の有無にかかわらず
事前にかかりつけの医師に相談しておいた方が
安心できます。
また、ご自身の体調も見て乗るようにしてください。

一応妊娠初期からも乗れますが、
お勧めとしては、安定期に入ってからで
体調が悪くない状態から28週の間が
良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA