妊娠中はチョコレートは控えたほうがいいの?どれくらいならOK?

妊娠中は食べ物に関しても何かと気になるもの。
チョコレートが好きだけど、妊婦は食べても
大丈夫なのか?
食べるとしたらどれくらいならOKなのか?
気になるかと思います。
こちらでは、妊婦とチョコレートについて
紹介いたしております。

スポンサーリンク

食べてもいいのか?食べ過ぎるとどうなる?

チョコレートを食べるにあたって
特に問題はありません。

ただし、食べ過ぎるとチョコレートは
脂質や糖質が多いため、肥満の原因になりますし、
糖尿病の原因になったり、
検査の時に尿糖で引っかかる可能性はあります。

その他、糖分の多量摂取は、妊娠中期以後になる可能性のある
妊娠高血圧症に関係しているといわれていますので、
食べすぎには注意した方が良いでしょう。

また、チョコレートには少量ですがカフェインが
含まれています。
普段からコーヒーや緑茶などを飲まれている場合は、
チョコレートにもカフェインが含まれていることを
意識したほうが良いかもしれません。

といっても、チョコの種類によりますが、
普通の板チョコ50g中に含まれるカフェイン量は
レギュラーコーヒー1杯(150ml)のおよそ1/6程度
なので、さほど気にする必要はありませんが。

チョコレート

ちなみにインスタントコーヒーの場合ですと、
1日に2杯程度なら飲んでも問題はないようです。

カカオ70%以上は注意が必要?
普通のチョコに対し
カカオ70%などの高カカオを謳っているチョコレートは、
カフェインの含有量が普通のものと比べて
2倍程度多くなります。
というように、高カカオになればなるほど、
カフェイン量は増えていきます。1枚食べた場合、インスタントコーヒー1杯を
飲んだ程度のカフェインを摂取することになります。
他にもコーヒーや紅茶、緑茶、コーラなど
カフェインの入ったものを摂取している
場合は、注意が必要です。
また、カフェインの利尿作用によって
トイレが近くなるということも考えられますので、
食べすぎには注意しましょう。

スポンサーリンク




 

1日どれくらいの量ならOK?

特に決まりはありません。
チョコレートには、カフェインやビタミンA(レチノール)は
含まれていますが、どちらも少量なので、
これについては問題ありません。

食べ過ぎた場合に問題となるのは、
上記で上げたカロリーと糖分です。

妊娠中だからというわけではなく、
普段の生活で体重を気にしながら
食べる分程度は食べても大丈夫です。
ただし、1日の総カロリーには気を付けましょう。
太る原因になります。

お酒の入ったチョコレートは?

ウイスキーやブランデー、ワインの
入ったチョコレートがありますが、
これは食べても問題はないのでしょうか?

これは、人によってアルコールの分解能力が
異なるので、一概には言えませんが、
一般的にはお菓子などに含まれている
アルコールは微量なので、(0.1%~1.0%程度)
たくさん食べて酔っぱらったりしなければ、
問題がないといわれています。
(微量なので、多くの場合血液にまで回らないため)

ですが、妊娠中は大切な時期なので、
アルコール入りチョコレートは控えるに
越したことはないでしょう。
また、このようにアルコールの入ったものでも
アルコール度数が2%を超えるようなものも
ありますので、その場合は摂取しないようにしましょう。
度数の高いものは、たいていは注意書きがされています。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA