妊婦は馬刺しを食べてもいいの?食べるとどうなるの?

妊娠中どうしても馬刺しが食べたくなった。
あるいは、馬刺しを食べてから「妊娠中に馬刺しって食べてもよかったんだっけ?」
と、気になることってありますよね?
妊娠中に馬刺しって実際のところどうなんでしょうか?
こちらでは、妊婦と馬刺しについて紹介いたします。

スポンサーリンク

馬刺しには寄生虫(トキソプラズマ)がいる?

生肉には多かれ少なかれトキソプラズマに感染している可能性はあります。
特に豚肉、豚肉、鹿肉などにシストが見つかると言われています。

もちろん生の馬肉にもトキソプラズマが寄生している可能性は否定できませんが、
日本で売られている馬刺しの大半が冷凍(マイナス20度以下で)され流通してるので、
トキソプラズマに感染する可能性は気にしなくても良いレベルともいわれています。
ただ、0%ではないため注意する必要はあります。
(トキソプラズマは、中心部がマイナス12度で予防できる)

妊娠中にトキソプラズマに感染したらどうなるの?

馬刺し

馬刺しって食べてもいいの?

感染率は低いといわれていますが、トキソプラズマのこともありますし、
生肉だと他の食中毒のリスクも出てきますので、
できることなら食べない方が良いでしょう。

妊娠中に馬刺しを食べてしまった場合は?

馬刺しを食べ8時間経過して腹痛、下痢、嘔吐などの症状が
出ていなければ、サルコシスティス・フェアリーという食中毒の心配はないでしょう。
O-157の場合は、4~8日間となっていますので、これを過ぎれば食中毒に関しては
問題はありません。

といっても、お店で出されるようなものは基準をクリアしているので、
食中毒になる可能性は限りなく低いですが。

トキソプラズマについてですが、
心配なようなら医師に相談すると安心されるかと思います。
トキソプラズマの検査となると、食べてから1か月経ってからの検査が
望ましいです。

基本的には、食べたからと言って0%ではないですが、
特に問題がないことが大半なので、「食べてしまった~!不安だ~!」
と、ならないようにしてください。
ただし、念のために検診時にでも医師に相談されることをお勧めします。

まとめ

馬刺しは食べたからと言って、特に問題になるということは
あまりありませんが、トキソプラズマも0%ではありませんし、
生モノなので妊娠中は積極的に食べるものではなく、
できれば、避けた方が良い食べ物に入ります。

食べるとしても、馬刺しではなくなりますが、
しっかりと火を通してから食べた方が、いろんなリスクを回避できます。

食べてしまった後で、不安を感じた場合は、神経質にならないように
考えて良いレベルのことなので、深く考えないようにしましょう。
ただし、念のためかかりつけの産科医に
相談されると安心するかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA