妊婦はピザを食べてもいいの?注意すべきことは?

妊娠中は、ピザを食べるにしても
上に乗っているチーズが気になり食べていいものなのか?
迷うかと思います。
こちらでは、妊娠中のピザの摂取について
紹介いたします。

スポンサーリンク

ピザのチーズは大丈夫?

ピザといえばチーズがつきものですが、
妊娠中に食べない方が良いとされているチーズは、
ナチュラルチーズで、ピザに使われているチーズは
ピザの種類にもよるでしょうが、
一般的にモッツァレラチーズ、カマンベールチーズ、
パルミジャーノ(パルメザン)、
ピザ用とろけるナチュラルチーズなどがあげられるかと
思います。

これらナチュラルチーズは、生乳を殺菌せずに
作られるため、リステリア菌による食中毒が
懸念されるため、ナチュラルチーズは食べない方が
良いといわれているのです。

ですがリステリア菌は、熱に弱いため
後でピザにかけたり乗せたりするようなピザで
なければ、しっかりと火が通っていますので、
心配する必要はありません。

さらに、あとがけだったナチュラルチーズだとしても
明治や雪印、森永などの国産ナチュラルチーズであれば
乳殺菌してからチーズが作られますので、
リステリア菌はすでに殺菌されていますので、
心配する必要はありません。

気を付けなければいけないのは、
しっかりと加熱されていない、あとからかけたり
乗せたりしとような外国産のナチュラルチーズを
使用したピザは、リステリア菌にいるかもしれませんので、
注意が必要です。

ですので、自宅で作られる際は、輸入されたナチュラルチーズは
完全に熱を通すか、心配なら国産のチーズを使用するようにする。
お店で食べる場合は、後からかけたり乗せたりするような
チーズの場合は、事前に確認した方が良いかもしれません。

ピザ

生ハムを使用したピザは注意が必要

ピザによっては、生ハムを使用したものがあります。
生ハムにはトキソプラズマという寄生虫が存在する
可能性があります。
妊娠中にトキソプラズマに感染すると胎児に影響が
出る可能性がありますので、注意が必要です。
丸大ハムなどの国産生ハムについては、
トキソプラズマは冷凍処理などの処理がされており、
心配はないそうですが、
妊娠中は生肉などの生ものは
極力控えるようにした方が良い
かと思います。

バジルなどのハーブを使用したピザには注意が必要

妊娠中にアロマなどで使用を控えた方が
良いとされるハーブがあります。
これは、食用であっても控えた方が良いとされており、
その種類は、バジルやローズマリー、タイム、パセリなどが
あげられます。
これらのハーブは子宮収縮作用があるといわれており、
臨月以外では使用しない方が良いとされているからです。

ピザに乗っている少量程度なら問題はないかと
思いますが、毎日ハーブを食べるということは
避けた方が良いでしょう。

■あわせて読みたい記事
妊娠中控えた方が良いハーブがある!

ピザばかり食べるのは注意!

毎日ピザを食べたりといったピザばかりを
食べることは控えましょう。

栄養が偏りますし、塩分の過剰摂取につながります。
また、たくさん食べれば炭水化物を多く摂取することにも
なり、太る原因にもなります。
ピザ(直径20cm)=塩分3.4g カロリー577kcal
※ピザの種類によって異なるため目安として

つわり時にピザしか食べれないという場合は
仕方ありませんが、それ以外で毎日食べる
ということはできるだけ控えるようにして、
たとえば1週間に1度など食べる回数を決めて
食べたり、少量を2日に1度など工夫して
食べるようにすれば問題ないかと思います。

まとめ

宅配ピザや自家製ピザ、外食のピザのたいていは
チーズに関してはあと乗せ以外は加熱されているため、
ナチュラルチーズでも問題ありません。

注意しなければいけないことは、

  • 加熱されていない輸入チーズが乗っている
  • 生ハムを使用している
  • バジルなどのハーブを使用している
  • 毎日ピザばかりを食べる

上記のことに注意すれば、まず問題ないでしょう。
また、上記に反して食べたとしてもたいていは
問題ないかと思います。
それよりも食べてしまったことに対して
気にしすぎることの方がストレスとなり
胎児に影響があるかと思います。

ただし、食べてもよいと推奨しているわけでは
ありませんので、もし食べてしまった場合は、
次回より気を付けましょう。
どうしても心配という場合は、次回の検診時にでも
かかりつけの医師に聞いてみると良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA