妊婦は刺身を食べても良いのか?注意すべき点は?

妊娠中は、生のものはあたりやすい
などの理由で敬遠しがちになりますが、
生モノの代表ともいえる刺身は
食べてもいいのでしょうか?
こちらでは妊婦と刺身について紹介いたします。

スポンサーリンク

刺身は食べてもいいの?

刺身は食べてはいけないということは
ありませんが妊娠中は、免疫力が低下するため
食中毒になる可能性が高まります。

妊娠中に食中毒にかかると、
薬が制限されたり、
下痢症状によって子宮が収縮するなど
よくない状態になるため控えるように
言われています。

ですので、食べるとしたらたくさん食べたり
立て続けに毎日食べたり
ということはしないようにして
新鮮なものを食べるようにしましょう。

刺身

食べる場合の注意点

新鮮な魚なら良いと書きましたが、
たとえば、スーパーに売っている魚を
購入したとして、持って帰るのに時間が
かかる場合や売っている刺身が変色していたり、
値引きの札が貼られているものは新鮮とは
言いにくいので、控えた方が良いでしょう。
刺身が余ってしまい、翌日などに持ち越す場合は、
刺身としては食べずに必ず火を通すようにしてください。

食中毒が起こりやすい夏場などはスーパーなどでの
購入は避けた方が無難かもしれません。
(これは考え方によるかと思います)

イカや鮭、サバ、さんま(その他青魚)には、
アニサキスと呼ばれる寄生虫がいることがあります。
スーパーなどで販売されているものは、
たいていは大丈夫でしょうが、スーパーで買ったスルメイカの刺身に
アニサキスがいたという事例もありますので、
気を付けるに越したことはないです。

妊娠中は大切な時期でもありますので、
これらの刺身は食べない方が無難でしょう。
当然釣ってきたイカなども新鮮であっても、
刺身で食べるのはやめておいた方が
良いかと思います。
もし食べるのであれば、刺身はあきらめて加熱して
食べるしかないでしょう。
ルイベという冷凍したもの食べると、
アニサキス対策になるのですが、
-20℃で24時間冷凍すると死滅するとのことなので、
一般家庭の冷凍庫では危険性が残ります。
※一般家庭の冷凍庫の温度は、およそ-18℃程度

食中毒になりやすい牡蠣やバカ貝(アオヤギ)などの
二枚貝は、どの季節であっても生で食べない方が良いです。

海外では、生の魚にはリステリア菌がいる可能性があるとして
妊娠中は控えるようにと言われていますが、
日本の場合は、特に規制されていません。
というのも、日本では刺身などからリステリア菌に
感染するということがほとんどないからだそうです。

基本的には大丈夫なようですが、
少しでもリスクを減らしたいのであれば、
生のものを食べるのは控えたほうが
いいのかもしれません。

スポンサーリンク

食べる量を控えた方が良い種類がいる

もう一つ気になるのが水銀です。
水銀を比較的多く含む魚は、
マグロ(本マグロやクロカジキなど)や
キンメダイ、キダイ(レンコダイ)、
クジラ類、イルカ類(クジラと称して売られていることがある)
などは、刺身だけでなく煮魚や焼き魚にしても、
食べる量を控えた方が良いでしょう。
ちなみにカツオやブリは上記と比べて水銀の含まれる
量が少ないので、多量に食べなければ、
特に気にする必要はないでしょう。

■あわせて読みたい記事
妊婦が食べてはいけない魚ってあるの?

まとめ

夏場など食中毒が流行る時期は
スーパーなどで買ってくる刺身は
極力食べるのは控え、
その他の時期に購入すると良いかと思います。
夏場であっても、お店で出されるものは
おそらく大丈夫かと思います。
ただし、貝類を生で食べるのはやめましょう。

また、旦那さんや知り合いが釣ってきた
イカや鮭、青魚類も生で食べるのは
寄生虫の関係上食べない方が無難です。
気になる場合は、刺身用として売られている
鮭やイカも火を通すと安心です。

水銀の関係もありますので、
上記で上げた魚もほどほどに。

刺身を食べたいけど、我慢する
というのは、リスク回避としてはいいかと
思いますが、我慢するがゆえにストレスが
たまると、今度はストレスによる赤ちゃんへの
影響が気になりますので、
完全に断つのではなく、上記のことを
念頭にほどほどに楽しむと良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA