妊婦はコーヒーを飲むべき?そのデメリットとメリットは?

妊娠中にコーヒーを飲みたい!!
でもカフェインが気になる・・・。
そもそも妊娠中にコーヒーは飲んでもいいのか?
控えた方がいいのか?お腹の赤ちゃんのことを考えると
いろいろと気になりますよね?

そこで、こちらでは妊婦はコーヒーを飲むとどのような影響があるのか?
また、メリットはあるのか?について徹底的に紹介いたします。

スポンサーリンク

コーヒーは飲んでもいいの?

コーヒー

結論から言えば、コーヒーは飲んでも良いです。
ただし、飲み過ぎるとカフェインによる影響が心配されますので、
飲み過ぎには注意が必要です。

コーヒーと言えば、カフェインが気になりますが、
妊娠中の1日のカフェイン量は非妊娠時に比べて、より制限がかかっております。
WHO(世界保健機関)では1日のカフェイン摂取量はコーヒーの場合3~4杯までとされており、
イギリスでは、カフェイン量が1日に200mgまでとされています(以前は300mgまでだったが引き下げられました)。
オーストリアでは、1日に300mgを超えないようにとされています。

では、日本ではどうなっているかというと、
日本には明確な基準が設けられていないため、医師の判断によるところがあります。
一般的に言われている量としては、
1日にコーヒー1~2杯程度と言われています。
この量は、コーヒーの種類によってカフェイン含有量が異なるので、
一概には言えませんが、おおまかにカフェイン150~200mgとなります。

コーヒー別カフェイン量は?

コーヒー1~2杯といっても、缶コーヒーやインスタントコーヒー
ドリップコーヒーなど様々な種類があり、どれもカフェイン含有量が異なります。
ですので、こちらでどのコーヒーにどれくらいのカフェインが含まれているのか紹介いたします。

インスタントコーヒー2g(ティースプーン1杯程度) カフェイン60mg
ドリップコーヒー150ml カフェイン100mg
エスプレッソ100ml カフェイン212mg程度

サッポロBlack無糖コーヒー275ml カフェイン198mg
サッポロ生粋Black190ml カフェイン106mg
Bossエスプレッソ(ベネチア)190ml カフェイン136mg
Bossレインボーマウンテンブレンド190ml カフェイン152mg
キリンファイア挽きたて微糖190ml カフェイン136.8mg
ダイドーデミタスコーヒー155ml カフェイン120mg

BOSSとろけるカフェオレ500ml カフェイン200mg
がぶ飲みミルクコーヒー500ml カフェイン230mg
やみつきカフェオレ500ml カフェイン175mg
やみつきミルクコーヒー500ml カフェイン205mg

スタバ コーヒーブレンドS カフェイン180mg
スタバ アイスコーヒーS カフェイン120mg
スタバ コーヒーフラペチーノT カフェイン85~90mg
スタバ カフェラテS カフェイン75mg

このようになっております。

なお、インスタントコーヒーでカフェオレを作る場合、
ティースプーン1杯程度のコーヒー量だと、
カフェイン量は、通常のコーヒーと同じ60mg程度となります。

エスプレッソは1杯30ml程度ですので、
実際の1杯のカフェイン量は、63mg程度となります。

コーヒーゼリーについては、メーカーや自家製なのかによって
カフェイン量が異なります。
自家製の場合だと、コーヒーゼリーはゼラチンなどで固めたものなので、
コーヒーを入れた分がそのままカフェイン量となります。
ですので、インスタントコーヒーの場合ですと、ティースプーン1杯(2g)で
カフェイン60mgとなります。

仮に、インスタントコーヒー2gで100mlのコーヒーゼリーを作った場合で
その半分の50mlを食べた場合は、カフェインもその半分である30mg摂取したと
考えて良いです。

ここで、1~2杯までということで、例えばスタバのコーヒーブレンドSを1日に2杯
飲むと、カフェイン量はそれだけで360mgとオーストリアの摂取制限であるカフェイン300mg以内を軽く超えてしまう数値になりますので、注意してください。

カフェインを摂り過ぎるとどうなるの?胎児への影響は?

では、カフェインを摂り過ぎるとどうなるか?についてですが、
胎児の影響としては、一時的に少々飲み過ぎた程度では影響は
ないでしょうが、長期にわたり飲み過ぎが続いた場合、

  • 早産のリスク
  • 流産のリスク
  • 低体重などの発達遅延

などの影響が出る可能性があるとされています。
なお、このリスクが高まる量としてイギリスのレスター大学&リーズ大学が2008年10月に
論文を出しており、それによると
カフェインは自由に直接胎盤を通過でき、200mgのカフェインを摂取した場合、
胎盤の血流が25%減少するとのこと。

具体的な確率としては、
1日のカフェイン摂取量が100mg以下摂取する人と比べて

  • 100~199mgの場合 1.2倍リスクが高まる
  • 200~299mgの場合 1.4倍リスクが高まる
  • 300mg以上 1.5倍リスクが高まる

とされています。
参照:2008年10月イギリスのレスター大学&リーズ大学論文

次に、母体の影響ですが
一時的にカフェインを摂り過ぎると、
カフェインに対する感受性にもよりますが、

  • 眠れなくなる
  • 自律神経が乱れる
  • 気分が悪くなる
  • 胃が荒れる
  • 下痢をする
  • 血圧の上昇

というような症状が出る場合があります。

コーヒーはカフェイン以外にも注意が必要?

コーヒーにはカフェイン以外にもタンニンと呼ばれる
成分が含まれています。

この成分は、鉄分の吸収を阻害すると言われています。
タンニンが鉄と結合し、タンニン鉄と呼ばれる水に溶けにくい成分に変わり、
腸で吸収されにくくなるようです。

妊娠中は、赤ちゃんにも血液を送らないといけないため、
鉄分を多く必要とする分、貧血になりやすい時期ともいわれています。

貧血気味の方は少々注意が必要でしょう。
貧血ではなく、医師からも特に指示がない場合は、
特に気にするレベルではないかと思います。

妊婦がコーヒーを飲むメリットは?

妊娠中にコーヒーを飲むことは飲み過ぎでなければ
それほど気にする必要もなく、むしろメリットもあります。

第一に考えられるメリットとして、ストレス発散です。
コーヒーの香りやカフェインにはリラックス効果があり、
においを嗅いだり、飲むことでストレスの軽減につながると言われています。

コーヒーにはカフェインが入っているからと
過剰に意識して我慢するとストレスが溜まる可能性があるため、
我慢せずに適度に飲むようにすれば、妊娠生活を満喫できるのではないでしょうか?

次に、コーヒーにはカリウムが多く含まれており、
カフェインの利尿作用とカリウムの利尿作用で体内のナトリウムなどを
排出してくれますので、高血圧予防やむくみ予防も期待できるでしょう。

特にリラックス効果はストレスのたまりやすい妊娠時期にはうれしい効果ですね。

スポンサーリンク

1日のコーヒー摂取量はどれくらいがいい?

1日のコーヒー摂取量は、
WHOでは、3~4杯。日本の一般的な考えでは、1~2杯となっています。

この量は、1日のカフェインの摂取量を表していますので、
1杯2杯で例えずに、カフェイン量で考えると、
1日に摂取したとしてもカフェイン200mg以内にとどめておいた方が良さそうです。

ですので、
インスタントコーヒー(1杯中2gとして)の場合なら、2~3杯程度。
通常のドリップコーヒーの場合なら1~2杯程度。
スタバのコーヒーブレンドSなら1杯。

というように、コーヒーの種類によって飲める杯数が変わってきます。

ただし、ここでいう杯数は他にカフェインを摂取していなけば、このくらいの杯数
飲んでも問題ないという話で、他に緑茶や紅茶などカフェインの含まれるものを
同時に摂取していた場合は、カフェイン量が200mgを超える可能性はありますので、
注意してください。

このようなことを踏まえて、おおまかに1日にコーヒーは1~2杯までにする
と言われているかと思います。

なお、1日にということなので、
飲み過ぎていなければ、毎日飲んでも問題はありません。

カフェインが気になるようでしたら、
コーヒーは1日1杯にとどめておいたり、カフェインを除去した
デカフェ(ノンカフェインコーヒー)を飲んだり、
タンポポコーヒーなどのカフェインの含まれていないコーヒー風の飲み物を飲む
というように工夫して楽しめば良いかと思います。

タンポポコーヒーを見てみる

カフェインはコーヒーだけじゃない

コーヒーで注意しなければいけないのは、カフェインの摂り過ぎ
という部分ですが、カフェインはコーヒーだけに含まれているものではなく、
他に、

緑茶、烏龍茶、ほうじ茶、抹茶、紅茶などの茶葉を使用しているお茶や
コーラ、オロナミンC、エナジードリンク、栄養ドリンク、眠眠打破などの眠気覚ましドリンク、
ココアなどにも含まれています。

食べ物では、チョコレート、眠気覚まし系のガム、抹茶などお茶系のお菓子、
コクを出すためにカレーにチョコレートを入れた場合はカレーにも
カフェインが含まれることになります。

サントリー伊右衛門500ml カフェイン50mg
コカコーラ500ml カフェイン45mg
キリン午後の紅茶ミルクティー500ml カフェイン80mg
キリン午後の紅茶ストレートティー500ml カフェイン70mg
リプトンアップルティー500ml カフェイン50mg
ココア100ml カフェイン15mg
オロナミンC120ml(1本) カフェイン18mg
レッドブル1本 カフェイン80mg
栄養ドリンク1本 カフェイン50~200mg
明治ミルクチョコ50g(1枚) カフェイン10mg程度

このようになっております。
ですので、コーヒーを1日に3杯など長期にわたって飲み続けたうえで、
カフェインの含まれているものも摂取し続ければ、
胎児へのリスクは少なからず高まるでしょう。

まとめ

妊娠中のコーヒーはカフェインの摂取量により胎児に影響が
出る可能性があるとして、日本ではコーヒーを1日1~2杯程度で
とどめておくようにと言われています。

コーヒーだけでなく緑茶などにもカフェインは含まれていますので、
そのあたりの注意も必要かと思いますが、
一般常識的な範囲の量であれば、さほど気にする必要もないでしょう。

逆に意識しすぎて我慢をするということになるとストレスが溜まり
かえって体にはよくありませんので、

神経質にならずに、リラックスしたいときなどに
コーヒーを飲むようにして、妊娠生活を送る方が健康には良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



CAPTCHA